宿毛市(読み)すくも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宿毛〔市〕
すくも

高知県南西端,宿毛湾に面する市。南西海上の沖ノ島,姫島,鵜来島も含まれる。 1954年宿毛,小筑紫の2町と橋上,山奈平田,沖ノ島の4村が合体して市制。中心市街地の宿毛は土佐藩家老伊賀氏の城下町として発達。松田川,伊与野川,福良川流域の平野部では,米や野菜を産し,近年は柑橘類の栽培が発達。北部の山地では木材を産し,沿岸ではハマチなどの養殖が行われる。サンゴの加工品は特産。内陸の平田地区には工業団地が建設された。史跡の宿毛貝塚,土佐藩執政野中兼山一門の墓が知られ,延光寺は四国八十八ヵ所の第 39番札所。大分県佐伯との間に定期船がある。湾岸一帯は宿毛県立自然公園に,南西海上の島々は足摺宇和海国立公園に属する。国道 56号線,321号線が通じる。面積 286.19km2。人口 2万907(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宿毛市の関連情報