コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姫島 ひめしま

12件 の用語解説(姫島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姫島
ひめしま

福岡県北西部,糸島半島の西方約 3kmにある島。糸島市に属する。大敷網,延縄,小型底引網などの沿岸漁業を主とし,地区背後の段々畑で野菜を栽培。福岡藩の流刑地で,維新の女傑野村望東尼の獄舎跡に御堂がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

姫島
ひめしま

大分県北東部,国東半島北端の沖合い約 4kmの周防灘にある島。姫島村を形成。2つの火山島が砂州によって連結された東西に細長い島で,中央南部の矢筈岳 (267m) が最高点。観音崎黒曜石の断崖,ス鼻岬の藍鉄鉱,地層褶曲,柱ヶ岳鼻の海食崖などがあり,瀬戸内海国立公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひめ‐しま【姫島】

大分県北東部、国東(くにさき)半島北端の沖約5キロメートルにある島。面積7.2平方キロメートル、周囲17キロメートル。最高点は鐘状火山の矢筈(やはず)岳の267メートル。夏は海水浴キャンプ場でにぎわう。日本書紀垂仁記や万葉集に名がみえる。瀬戸内海国立公園に属する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

姫島【ひめしま】

大分県国東(くにさき)半島北方にある島。東国東郡姫島村(6.98km2,2189人。2010)をなす。四つの火山島が砂州でつながったもので,最高点は矢筈岳(267m)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

姫島

愛知県田原市の三河湾南東部に位置する無人島江戸時代には馬が放牧されたことから、「飛馬島」とも表記した。

姫島

山口県阿武郡阿武町、宇田地区の西沖合いに位置する無人島。大小2つの島からなり、ハマビワ、ホルトノキなどの暖地性植物がみられる。

姫島

高知県宿毛市、沖の島の西約4kmに位置する無人島。周辺はダイビングスポット。

姫島

長崎県五島市三井楽町の柏崎から北北東約2.4kmに位置する無人島。古くはキリシタンの島。明治期には島民300人ほどを数えたが、1965年に無人化。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひめしま【姫島】

福岡県西部,玄界灘に浮かぶ島。糸島半島西端の西方約3kmにあり,糸島郡志摩町に属する。面積0.75km2,人口213(1995)。ほぼ円形で南端に砂州を突出し,島の大部分は花コウセン緑岩からなる山地で,標高187mの山頂付近は玄武岩におおわれる。南西麓のわずかな低地に集落があり,アワビサザエなどの養殖や定置網,刺網,はえなわなどによる漁業を営む。水田はなく,かつては女子が対岸の農村へ出稼ぎにいく慣習があったが,現在は若者の多くが島を離れ,夫婦乗船の漁業が行われている。

ひめしま【姫島】

大分県最北部,国東(くにさき)半島の北端から約5kmの周防灘に浮かぶ島。面積7.2km2。1島で東国東郡姫島村を構成する。人口2996(1995)。四つの島が砂州でつながった東西に細長い島で,最高峰矢筈(やはず)岳(267m)は,山陰系の鐘状火山である。観音崎の黒曜石,大海(おおみ)の地層褶曲,ナウマンゾウの化石など地質学的に貴重なものが多く,〈地質学の標本室〉と呼ばれている。観光と漁業の島で,農業はわずかにみられるにすぎない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひめしま【姫島】

大分県北東部、国東くにさき半島北端の沖合5キロメートル、周防灘にある島。日本書紀に記載され、万葉集に詠まれた。瀬戸内海国立公園に属する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕姫島(ひめしま)


大分県北部、国東(くにさき)半島北方沖の周防灘(すおうなだ)に浮かぶ島。面積6.6km2。1島で姫島村をなす。4つの古い火山島が砂州(さす)でつながって形成された。最高点は矢筈(やはず)岳(標高267m)。観音(かんのん)崎に黒曜石(こくようせき)断崖(だんがい)、柱ヶ岳鼻(しらがだけはな)に海食地形がみられる。瀬戸内海国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

姫島の関連キーワード糸島半島玄界島目に浮かぶ芥屋大門胸に浮かぶ暗い玄界灘に大島〈村〉志摩〈町〉福岡県福岡市西区福岡県糸島市前原南

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

姫島の関連情報