コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒川光太郎 サムカワコウタロウ

3件 の用語解説(寒川光太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さむかわ‐こうたろう〔さむかはクワウタラウ〕【寒川光太郎】

[1908~1977]小説家。北海道の生まれ。本名、菅原憲光(のりみつ)。「密猟者」で芥川賞受賞。戦後は、大衆文学に転じた。他に「北風ぞ吹かん」「荒野の剣士」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寒川光太郎 さむかわ-こうたろう

1908-1977 昭和時代の小説家。
明治41年1月1日生まれ。同人誌「創作」創刊号に発表した「密猟者」で昭和15年芥川賞を受賞。自然と対決する人間をえがいた作品がおおい。戦後は大衆文学に転じた。昭和52年1月25日死去。69歳。北海道出身。法大中退。本名は菅原憲光。作品はほかに「北風ぞ吹かん」「荒野の剣士」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寒川光太郎
さむかわこうたろう
(1908―1977)

小説家。北海道留萌(るもい)管内羽幌(はぼろ)町筑別生まれ。本名菅原憲光(のりみつ)。法政大学中退。1939年(昭和14)『創作』創刊号に『密猟者』を発表、同年下半期の芥川(あくたがわ)賞を受賞した。樺太(からふと)(サハリン)、北海道の荒涼たる自然を舞台として自然と人間のテーマを追求。太平洋戦争下では海軍報道班員として南方に従軍。44年フィリピンで米軍捕虜となり、47年(昭和22)帰国。戦後は大衆文学に活路を求めた。[神谷忠孝]
『『密猟者』(1977・みやま書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

寒川光太郎の関連キーワード磁鉄鉱系列監獄法新聞小説永江智明松崎しげるボクまろ三元触媒システム冤罪恐怖映画社会科教育

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone