コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒川光太郎 サムカワコウタロウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寒川光太郎 さむかわ-こうたろう

1908-1977 昭和時代の小説家。
明治41年1月1日生まれ。同人誌「創作」創刊号に発表した「密猟者」で昭和15年芥川賞を受賞。自然と対決する人間をえがいた作品がおおい。戦後は大衆文学に転じた。昭和52年1月25日死去。69歳。北海道出身。法大中退。本名は菅原憲光。作品はほかに「北風ぞ吹かん」「荒野剣士」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寒川光太郎
さむかわこうたろう
(1908―1977)

小説家。北海道留萌(るもい)管内羽幌(はぼろ)町筑別生まれ。本名菅原憲光(のりみつ)。法政大学中退。1939年(昭和14)『創作』創刊号に『密猟者』を発表、同年下半期の芥川(あくたがわ)賞を受賞した。樺太(からふと)(サハリン)、北海道の荒涼たる自然を舞台として自然と人間のテーマを追求。太平洋戦争下では海軍報道班員として南方に従軍。44年フィリピンで米軍捕虜となり、47年(昭和22)帰国。戦後は大衆文学に活路を求めた。[神谷忠孝]
『『密猟者』(1977・みやま書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

寒川光太郎の関連キーワード昭和時代船山馨

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android