寺坂吉右衛門(読み)てらさかきちえもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寺坂吉右衛門
てらさかきちえもん

[生]寛文5(1665)
[没]延享4(1747)
江戸時代中期の赤穂藩の足軽。赤穂浪士の一人。名は信行。播州浅野家に仕え,主君長矩の仇討ちに参加。吉良邸襲撃途中より姿を消し,のち自首したが不問に付された。 (→赤穂義士 , 赤穂事件 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺坂吉右衛門 てらさか-きちえもん

1665-1747 江戸時代前期-中期の武士。
寛文5年生まれ。赤穂(あこう)四十七士のひとり。吉田忠左衛門組下の足軽。元禄(げんろく)15年吉良(きら)邸討ち入り後姿をけす。広島浅野家への密使説,逃亡説,身分がかるいための遠慮説などがある。幕府の処分はうけず,のち姫路藩士につかえ,晩年は江戸麻布曹渓寺の寺男となった。延享4年10月6日死去。83歳。名は信行。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

寺坂吉右衛門

没年:延享4(1747)
生年:寛文5(1665)
江戸中期,赤穂事件四十七士のひとり。名は信行,通称が吉右衛門。身分は赤穂藩の足軽(3両2分2人扶持)。加東郡奉行兼足軽頭で,大石良雄の相談相手の吉田忠左衛門に属した。実直・誠実な性格で重宝がられ,事件発生後は連絡係を務めることが多かった。元禄15年12月14日(1703.1.30)の「吉良邸討入り」に参加するが,泉岳寺の前あたりで消えた。諸所へ連絡のためといわれ,あるいは逃亡したかともいわれ,良雄,忠左衛門らの「かろき者の儀」という発言もあり,四十七士・四十六士説の分かれるところである。のち江戸に帰り,自首。御構いなしとされる。延享4年,江戸麻布曹渓寺の寺男として83歳で死去。その翌年「仮名手本忠臣蔵」が作られ,上演された。

(松島榮一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

てらさかきちえもん【寺坂吉右衛門】

1665~1747) 赤穂浪士の一人。名は信行。吉田兼亮の歩卒。討ち入り後、浅野本家へ事件を通報。のち自首したが、不問に付された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てらさか‐きちえもん【寺坂吉右衛門】

赤穂義士の一人。名は信行。吉田忠左衛門の組下足軽。元祿一五年(一七〇二)討入りの直後、同志と別れ広島の浅野家に事を報じたともいう。寛文五~延享四年(一六六五‐一七四七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寺坂吉右衛門の関連情報