寺町廃寺跡(読み)てらまちはいじあと

国指定史跡ガイドの解説

てらまちはいじあと【寺町廃寺跡】


広島県三次(みよし)市向江田町ほかにある寺院跡。三次盆地東端、標高240mの丘陵上に位置する、白鳳(はくほう)時代から平安時代初期の寺院跡。1979年(昭和54)からの発掘調査により、東に塔、西に金堂、北に講堂を配する法起寺(ほっきじ)式の伽藍(がらん)配置であることが明らかとなった。塔は約11m四方、金堂は東西15.7m、南北13.4m、講堂は東西25.1m、南北14.7mで、いずれも塼(せん)(中国の煉瓦(れんが))積み基壇であった。出土遺物として、素弁蓮華文軒丸瓦(のきまるがわら)などの瓦類、鴟尾(しび)、仏頭などが出土している。とくに軒丸瓦には、「水切り」と呼ばれる削り出しが認められる。備北地域の奈良時代前期(白鳳時代)に建立された寺院として、1984年(昭和59)に国の史跡に指定された。寺町廃寺の素弁の軒丸瓦は百済(くだら)様式のものであることなどから、『日本霊異記』に記された備後三谿(みたに)寺に比定されている。寺院跡の北西約1.2kmのところに、寺町廃寺跡に瓦を供給した大当瓦窯(だいとうかわらがま)跡が確認されている。JR芸備線ほか塩町駅から車で約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android