コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺社興行法 じしゃこうぎょうほう

世界大百科事典 第2版の解説

じしゃこうぎょうほう【寺社興行法】

神社仏寺の社殿仏閣を修復し,定められた神事仏事を厳格に勤行させるために,公武権力が実施した法的措置。〈興行〉とは,廃れ怠っているものを本来の形に回復させる意味。寺社に対する国家的保護は古代以来一貫した基本政策で,平安時代以来しばしば立法された公家新制にも,ほとんどその冒頭にこの関連の法令がおかれていた。その内容は堂舎社殿の修復,仏神事の励行を主体とし,寺社訴訟の特権的扱いなどが含まれるのを常とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android