コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿庵堰 じゅあんぜき

1件 の用語解説(寿庵堰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寿庵堰
じゅあんぜき

岩手県南西部を東流する胆沢川扇状地を開拓するため,後藤寿庵が造った灌漑用水路。元和3 (1617) 年後藤寿庵が仙台藩から派遣されて,胆沢川から水を引き開拓したので,この呼称がある。その後,補強,修理を重ね,さらに茂井羅 (もいら) 堰,穴山堰などを造り,一帯はこれにより穀倉地帯となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の寿庵堰の言及

【胆沢[町]】より

…東西に細長い町域をもち,西部は奥羽山脈の山岳地帯,中央部は胆沢川がつくる胆沢扇状地,東部は北上川の沖積地となっており,胆沢扇状地には典型的な散村集落が展開する。1617年(元和3)に伊達政宗の家臣でキリシタンの後藤寿庵が胆沢川の水を引いて寿庵堰を開削してから扇状地の開発が始まった。1953年胆沢川上流に石淵ダムが完成して扇状地の土地改良が進み,県内有数の穀倉地帯となった。…

【北上盆地】より

…また,江戸時代の北上川は船の交通路として利用され,さらに奥州道中もこの盆地を南北に通じていたため,現在の一関,水沢,岩谷堂(江刺市),黒沢尻(北上市),花巻,日詰(紫波(しわ)町),盛岡などのおもな都市群は,街道筋の宿場町や河港集落を母体として発展した。 流域は穀倉地帯を形成しているが,これは古くから鹿妻堰(雫石(しずくいし)川から揚水)や寿庵堰(胆沢川から揚水)などのような用水路の開発によって耕地が拡大されてきたことによる。しかし洪水も多く,1619年(元和5)から最近まで約80回におよぶ洪水が記録され,特にカスリン台風(1947),翌年のアイオン台風による被害は大きかった。…

【後藤寿庵】より

…1617年(元和3)10月9日付けイエズス会管区長あて文書(バチカン図書館蔵)の署名者の筆頭に〈伊達政宗内 見分村後藤寿庵〉と記されており,寿庵が仙台藩キリスト教界の支柱的存在で,見分(みわけ)(現,水沢市)を所領としていたことが知られる。自領では宣教師J.アンジェリスを補佐して教化に努めたほか,用水路(寿庵堰)を開削して胆沢川から水を引いたといわれる。23年藩主伊達政宗は重臣石母田大膳を介して棄教を命じたが,寿庵は拒んで南部領に逃れた。…

※「寿庵堰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寿庵堰の関連キーワード胆沢川衣川胆沢[町]金ヶ崎[町]水沢[市]胆沢〈町〉岩手県胆沢郡金ケ崎町永沢横沢川原三郷[村]金川扇状地白川扇状地

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone