尊属・卑属(読み)そんぞくひぞく

世界大百科事典 第2版の解説

親族関係のうち血族関係についてつけられている区分。配偶者はいずれにもさず,姻族についてはこの区分はない。尊属とは自分よりも先の世代に属する直系および傍系の血族である。たとえば父母祖父母などを直系尊属おじおばなどを傍系尊属という。卑属とは自分より後の世代に属する直系および傍系の血族である。たとえば,子・などを直系卑属,おい・めいなどを傍系卑属という。兄弟姉妹や従兄弟姉妹(いとこ)などは自分と同世代であるから尊属でも卑属でもない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android