コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊属・卑属 そんぞくひぞく

1件 の用語解説(尊属・卑属の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そんぞくひぞく【尊属・卑属】

親族関係のうち血族関係についてつけられている区分。配偶者はいずれにも属さず,姻族についてはこの区分はない。尊属とは自分よりも先の世代に属する直系および傍系の血族である。たとえば父母・祖父母などを直系尊属,おじ・おばなどを傍系尊属という。卑属とは自分より後の世代に属する直系および傍系の血族である。たとえば,子・孫などを直系卑属,おい・めいなどを傍系卑属という。兄弟姉妹従兄弟姉妹(いとこ)などは自分と同世代であるから尊属でも卑属でもない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

尊属・卑属の関連キーワード姻族近親婚血縁関係親族法親族名称身分権一類血族結婚最近親臓器移植と親族関係

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone