コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉清三郎 おぐら せいざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小倉清三郎 おぐら-せいざぶろう

1882-1941 大正-昭和時代前期の性科学者,哲学者。
明治15年2月28日生まれ。H.エリス著作に触発され性問題を科学的に追究し,大正2年「相対会第一組合小倉清三郎研究報告」第1集を発行。日本初の性の研究会「相対会」を主宰した。会員に坪内逍遥(しょうよう),芥川竜之介,平塚らいてう,大杉栄らがいた。昭和16年1月14日死去。60歳。福島県出身。東京帝大卒。著作はほかに「思想の爆破」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おぐらせいざぶろう【小倉清三郎】

1882‐1941(明治15‐昭和16)
性科学者,社会運動家。福島県生れ。性についての個人の赤裸々な体験を集め帰納的方法によってその本質を探ろうとした業績は,当時タブーとされた問題に科学の光をあてたものとして画期的である。熱心なクリスチャンであったが,肉欲との葛藤に悩んだ末,性の研究を志し,26歳のとき東京帝国大学文学部哲学科に入学。5年にわたる在学中,H.エリスの著作に接し,性の問題を科学的に究明する決意を固めた。1913年,《相対会第一組合小倉清三郎研究報告》第1集を発行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小倉清三郎の関連キーワード小倉 ミチヨ小倉 清三郎小倉ミチヨ哲学者

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android