コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉清三郎 おぐら せいざぶろう

2件 の用語解説(小倉清三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小倉清三郎 おぐら-せいざぶろう

1882-1941 大正-昭和時代前期の性科学者,哲学者。
明治15年2月28日生まれ。H.エリスの著作に触発され性問題を科学的に追究し,大正2年「相対会第一組合小倉清三郎研究報告」第1集を発行。日本初の性の研究会「相対会」を主宰した。会員に坪内逍遥(しょうよう),芥川竜之介,平塚らいてう,大杉栄らがいた。昭和16年1月14日死去。60歳。福島県出身。東京帝大卒。著作はほかに「思想の爆破」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おぐらせいざぶろう【小倉清三郎】

1882‐1941(明治15‐昭和16)
性科学者,社会運動家。福島県生れ。性についての個人の赤裸々な体験を集め帰納的方法によってその本質を探ろうとした業績は,当時タブーとされた問題に科学の光をあてたものとして画期的である。熱心なクリスチャンであったが,肉欲との葛藤に悩んだ末,性の研究を志し,26歳のとき東京帝国大学文学部哲学科に入学。5年にわたる在学中,H.エリスの著作に接し,性の問題を科学的に究明する決意を固めた。1913年,《相対会第一組合小倉清三郎研究報告》第1集を発行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小倉清三郎の関連キーワード近重真澄久野寧石本寅三香宗我部寿税所篤秀白神邦二塚原伊勢松豊竹駒太夫(7代)山口竜輔山道襄一

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone