小包郵便(読み)こづつみゆうびん(英語表記)parcel post

翻訳|parcel post

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小包郵便
こづつみゆうびん
parcel post

旧郵政事業下で信書以外の物品を内容とする郵便物で,表面に「小包」の文字を表示したもの。正しくは小包郵便物。内国小包郵便と外国小包郵便に大別される。内国小包郵便は 1892年に取り扱いが開始されたもので,郵便法により重量制限および容積の制限が定められた。料金は全国を3地帯に分けた地帯区分制をとり,これと重量によって決められた。特殊小包として「書籍小包」や「カタログ小包」および無料取り扱いの「災害救助用小包」があった。外国小包郵便には万国郵便連合の「小包郵便に関する約定」に基づく「連合小包」と特定国との小包郵便約定に基づく「特約小包」があった。郵便事業の民営化後は郵便物でなくなったものの「ゆうパック」の名で日本郵便に引き継がれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

小包郵便【こづつみゆうびん】

信書以外の物品を内容とし,表面に〈小包〉と表示した郵便物。通常郵便物に対するもの。無封の送り状の類は別として,通信文は同封できない。一般小包(ゆうパック)は距離・重量によって(国際郵便では船便・航空便によっても)料金が異なる。書籍・雑誌・商品カタログ・カレンダー・CDやDVDなどを内容とし,重量3kg以内のものは冊子小包として,一般の小包より安く全国均一料金となっている。また,専用封筒を用いて全国均一料金で送ることのできる定形小包(〈エクスパック〉)などもある。
→関連項目宅配便

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こづつみ‐ゆうびん ‥イウビン【小包郵便】

〘名〙 品物を小包にして送る郵便。また、その郵便物。
※国民新聞‐明治二六年(1893)二月九日「去一日より東海道筋へ取扱を始めたる小包郵便は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android