コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林躋造 こばやし せいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林躋造 こばやし-せいぞう

1877-1962 明治-昭和時代前期の軍人。
明治10年10月1日生まれ。イギリス大使館付武官などをへて,昭和2年ジュネーブ軍縮会議の随員となる。ロンドン軍縮条約の締結尽力。6年連合艦隊司令長官。海軍大将。予備役編入後,台湾総督。のち小磯内閣の国務相。昭和37年7月4日死去。84歳。広島県出身。海軍大学校卒。旧姓早川

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小林躋造
こばやしせいぞう
(1877―1962)

海軍軍人。広島県生まれ。1898年(明治31)海軍兵学校卒業。日露戦争に参加。戦後、海軍大学校を卒業。1920~1922年(大正9~11)イギリスの大使館付武官を務める。1923年軍務局長。1926年中将に進む。1927年(昭和2)のジュネーブ軍縮会議には全権随員として派遣される。1930年のロンドン軍縮問題に際しては条約締結に努力し、条約派と目された。1930年海軍次官、1933年には連合艦隊司令長官、海軍大将となる。1936年予備役編入ののち、1940年まで台湾総督を務める。太平洋戦争中は東条首相退陣を目ざすグループと結び早期終戦を唱えた。1944年7月小磯(こいそ)内閣が成立すると、翼賛政治会総裁に就任、貴族院議員に勅選され、ついで国務大臣として入閣した。戦後は戦犯容疑で巣鴨(すがも)拘置所に収容されるが、1947年(昭和22)釈放。[北河賢三]
『伊藤隆・野村実編『海軍大将小林躋造覚書』(1981・山川出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小林躋造の関連キーワード新藤兼人森一生川島雄三コーマントリュフォーグレツキ埼玉西武ライオンズ野村芳太郎バディム久松静児

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android