小磯国昭内閣(読み)こいそくにあきないかく

百科事典マイペディアの解説

1944年7月22日―1945年4月7日。東条英機内閣の後,重臣会議の推薦で小磯国昭米内光政を海相として組閣。一億総武装を唱えて最高戦争指導会議を設置したが,指導権は軍部にあり,ルソン島・硫黄島・沖縄への米軍の上陸による戦局の悪化,本土空襲などに対しては無力で総辞職。
→関連項目鈴木貫太郎内閣大日本政治会翼賛政治会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

(1944.7.22~1945.4.7 昭和19~20)
太平洋戦争末期、東条英機(とうじょうひでき)内閣が重臣らの策謀で倒れたあと成立した小磯国昭を首班とする弱体な戦争継続内閣。南方軍総司令官の寺内寿一(てらうちひさいち)らも首相候補であったが、陸軍が第一線の司令官をかえることに反対したため、朝鮮総督で陸軍大将の小磯に決まった。1944年(昭和19)7月20日海軍の米内光政(よないみつまさ)とともに協力組閣の大命を受け、22日に小磯内閣が成立した。戦争指導の面では大本営政府連絡会議を最高戦争指導会議に改組し、末期には首相も大本営に出席し、戦争の完遂を図ったが、戦況は悪化を重ねた。国内統治の面では東条内閣の憲兵政治からの脱却を図り、支配階級内部の反対派には緩和策をとった。しかし国民には総武装を呼びかけ、徴兵年齢の引下げ、台湾への徴兵令施行を行い、また女子挺身(ていしん)勤労令、学徒勤労令の公布、朝鮮人への一般徴用の適用など、勤労動員の強化も実施した。繆斌(みょうひん)を介した対中国和平工作が重光葵(しげみつまもる)外相らに反対されたため、1945年(昭和20)4月5日内閣は総辞職した。

[山辺昌彦]

『歴史学研究会編『太平洋戦争史5』(1973・青木書店)』『林茂・辻清明編『日本内閣史録4』(1981・第一法規出版)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版の解説

太平洋戦争末期,小磯国昭(1880〜1950)を首班とする内閣(1944〜45)
1944年7月,東条英機内閣退陣後に組閣。最高戦争指導会議を設け,戦局の回復や終戦工作を行うが失敗し,'45年4月総辞職。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android