コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小泊岬 こどまりみさき

4件 の用語解説(小泊岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小泊岬
こどまりみさき

青森県北西部,津軽半島の西側から日本海へ突き出た岬。熊野権現を祀ることから別称権現崎。周囲は海食崖で雄大な海岸風景が展開する。標高 229mの地点に灯台があり,その南に下前の集落がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こどまり‐みさき【小泊岬】

青森県の津軽半島北西部、日本海に突出した岬。海岸一帯は断崖で景勝地。岬突端の尾崎神社に飛竜権現(ひろうごんげん)がまつられていることから、権現崎ともよばれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕小泊岬(こどまりみさき)


青森県の津軽(つがる)半島西海岸に突き出た岬。権現(ごんげん)崎とも。尾崎(おさき)山の山塊が日本海に洗われ、険しい海食崖(かいしょくがい)が続く。先端とその約2km北に2つの灯台がある。津軽国定公園に属し、小泊港から岬巡りの遊覧観光船が運航。国道339号で龍飛(たっぴ)崎方面の観光ルートと結ぶ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小泊岬
こどまりみさき

青森県北西部、津軽半島の西側に突出する岬。権現崎(ごんげんざき)ともいう。石英安山岩を主とする火山岩からなり、最高点は岬端の尾崎山の230メートル。周囲は海食崖(がい)に囲まれ、海岸付近には岩塊が群立している。岬の上には海の守り神の飛竜(ひろう)権現を祀(まつ)る尾崎神社がある。一帯には弁天橋、猿橋岩門、姥(うば)石、ライオン岩など12景があり、津軽国定公園の一部となっている。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小泊岬の言及

【小泊[村]】より

…イカ漁を中心とした漁業を基幹産業とするが,漁業の不振から出稼者が増加している。海岸一帯は津軽国定公園に指定され,小泊岬(権現崎)の高さ200mにも及ぶ断崖はみごとである。【佐藤 裕治】。…

【津軽半島】より

…半島北端の竜飛(たつぴ)崎から袰月(ほろづき)海岸にかけては海岸段丘が発達している。半島の地質は主として第三紀層からなるが,半島西部中央にあって日本海に突出した小泊岬には古生層がみられる。津軽山地東側の海岸平野には青森市からJR津軽線が北上し,蟹田からは平舘山地南西を通り津軽海峡に臨む三厩(みんまや)に達している。…

※「小泊岬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小泊岬の関連キーワード津軽飴津軽小原節津軽線津軽鉄道線青森県東津軽郡今別町青森県北津軽郡青森県中津軽郡青森県西津軽郡青森県東津軽郡青森県南津軽郡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小泊岬の関連情報