コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小食 コショク

5件 の用語解説(小食の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐しょく【小食】

食べる量の少ないこと。しょうしょく。
間食。

しょう‐じき〔セウ‐〕【小食】

[名・形動]
しょうしょく(小食)」に同じ。
「―ナ人」〈日葡
禅宗で、かゆのこと。点心。〈書言字考節用集

しょう‐しょく〔セウ‐〕【小食/少食】

[名・形動]食べる分量が少ないこと。また、そのさま。こしょく。「からだに似合わず―な人」「―家」⇔大食

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小食の言及

【飲茶】より

…甘いものは甜点,塩味のものは鹹点といい,種類は1000以上にも及ぶ。日本式のお茶うけにあたるものにラッカセイ,瓜子(スイカやカボチャの種),甘栗,干果物や蜜漬の果物などがあるが,これは小食という。点心は軽食であり,小食はおつまみといえる。…

※「小食」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小食の関連情報