少年十字軍(読み)しょうねんじゅうじぐん

世界大百科事典 第2版の解説

しょうねんじゅうじぐん【少年十字軍】

1212年春,ドイツのケルン付近で〈天使から霊感をうけた〉と称する少年ニコラスが数千人の農民や牧夫たちを引き連れ,無装備のまま〈歩いて海を渡る〉計画のもとに,エルサレム解放を目的としてイタリアまで行進した事件,また同じ年の夏フランスのクロア村(シャルトル南方)で〈巡礼姿のキリストに出会い,フランス王あての手紙を託された〉と自称する牧童エティエンヌのまわりに集まった〈3万人の少年少女たち〉が,エルサレム巡礼を目的としマルセイユまで炎暑飢餓に耐えて行進したできごとを総合し,約半世紀後の年代記作者が神助を信じた純真な未成年者のみによる十字軍として語り伝えたもの。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

少年十字軍
しょうねんじゅうじぐん
Children's Crusade

第3、4回十字軍が失敗あるいは目的逸脱に終わった時代にあたる1212年の春から夏にかけて、ドイツのケルン近傍とフランスのシャトーダン南方の村で、別々に相次いで起こった二つの民衆運動。いずれも予言者的性格の少年、ドイツのニコラスNicolasとフランスのエチエンヌtienneが指導者となり、神の加護を確信しつつ聖地エルサレム巡礼と異教徒の改宗を使命とする集団行動を企てた。参加者は未成年者に限らず、農村社会の無産階層や浮浪者など老若男女数千人ないし数万人とみられ、事件の約1世紀後に年代記作者がこれを清貧と純粋な信仰心と「若さ」による十字軍の浄化運動として記述し、「少年」十字軍という伝承が成立した。現実には、地中海を目ざし苦難の旅を重ねた無装備の大衆行進は、聖・俗権力者による中止命令に失望して解散となり、悪徳商人の手で奴隷に売られ、海難にあって水死するなど悲惨な末路をたどった。[橋口倫介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android