コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尖底土器 せんていどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尖底土器
せんていどき

底部のとがった土器総称。平底土器に対する。縄文時代早期の撚糸文系土器,沈線文系土器,押型文系土器などに特徴的であり,さらに北海道や九州などでは前期前半までみられた。尖底にも丸底に近いものや乳房状,砲弾状のとがったものなどがある。ヨーロッパの中石器時代をはじめ,ユーラシア大陸北部,中国,エジプトなどの新石器時代にもつくられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せんてい‐どき【×尖底土器】

底がとがった土器。日本では縄文時代早期に多く用いられ、口が開いた深い鉢形で、鍋として用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんていどき【尖底土器】

底部が円錐形にとがっている土器。煮沸用で、縄文早期の土器に多い原始的な器種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尖底土器
せんていどき

底部が尖(とが)った土器。丸底に近い円錐(えんすい)形、砲弾形のもの、乳房状に尖ったもの、天狗(てんぐ)の鼻状に突き出た尖底の各形態がある。日本の縄文時代早期の土器の一般的特徴で、前期初頭にもあるほか、晩期から古墳時代にかけての製塩土器に尖底がみられる。尖底土器は、地面に突き刺して煮沸用にするのに効率的であるのと、可搬性に富むことで、世界的にも新石器時代の初頭に出現することが多い。[十菱駿武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

尖底土器の関連キーワードレセプタキュリテスエルテベレ文化早水台遺跡岩井堂洞窟吹切沢遺跡インカ美術石山貝塚円錐形底部