尖底土器(読み)せんていどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尖底土器
せんていどき

底部のとがった土器総称。平土器に対する。縄文時代早期の撚糸文系土器,沈線文系土器,押型文系土器などに特徴的であり,さらに北海道九州などでは前期前半までみられた。底にも丸底に近いものや乳房状,砲弾状のとがったものなどがある。ヨーロッパ中石器時代をはじめ,ユーラシア大陸北部,中国,エジプトなどの新石器時代にもつくられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尖底土器
せんていどき

底部が尖(とが)った土器。丸底に近い円錐(えんすい)形、砲弾形のもの、乳房状に尖ったもの、天狗(てんぐ)の鼻状に突き出た尖底の各形態がある。日本の縄文時代早期の土器の一般的特徴で、前期初頭にもあるほか、晩期から古墳時代にかけての製塩土器に尖底がみられる。尖底土器は、地面に突き刺して煮沸用にするのに効率的であるのと、可搬性に富むことで、世界的にも新石器時代の初頭に出現することが多い。

[十菱駿武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せんてい‐どき【尖底土器】

〘名〙 底部の形が円錐形にとがっている土器。縄文時代草創・早期の土器にみられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

尖底土器
せんていどき

縄文時代早期の底の尖 (とが) った土器
煮沸用の土器で,地面につきさすか,つり下げるかして使用したらしい。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android