コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上・伊太八(読み)おのえ・いだはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾上・伊太八 おのえ・いだはち

浄瑠璃(じょうるり)の登場人物。
津軽岩松家の侍原田伊太夫と吉原の遊女尾上は心中をはかるが未遂におわる。延享3年(1746)におきた事件をもとに鶴賀若狭掾(わかさのじょう)が「帰咲名残命毛(かえりざきなごりのいのちげ)」を作曲,新内節の名曲となる。大正7年岡本綺堂(きどう)は戯曲「尾上伊太八」をかいた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android