コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上・伊太八 おのえ・いだはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾上・伊太八 おのえ・いだはち

浄瑠璃(じょうるり)の登場人物。
津軽岩松家の侍原田伊太夫と吉原の遊女尾上は心中をはかるが未遂におわる。延享3年(1746)におきた事件をもとに鶴賀若狭掾(わかさのじょう)が「帰咲名残命毛(かえりざきなごりのいのちげ)」を作曲,新内節の名曲となる。大正7年岡本綺堂(きどう)は戯曲「尾上伊太八」をかいた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尾上・伊太八の関連キーワード尾上/伊太八伊太八浄瑠璃蘭蝶

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android