コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上伊太八 オノエイダハチ

デジタル大辞泉の解説

おのえいだはち〔をのへイダハチ〕【尾上伊太八】

新内節。本名題「帰咲名残命毛(かえりざきなごりのいのちげ)」。初世鶴賀若狭掾(つるがわかさのじょう)作曲。延享4年(1747)に起こった、武士原田伊太夫と遊女尾上の心中未遂事件に取材。
岡本綺堂の戯曲。3幕6場。をもとにした時代劇。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おのえいだはち【尾上伊太八】

新内の一。端物。本名題「帰咲名残命毛かえりざきなごりのいのちげ」。初世鶴賀若狭椽つるがわかさのじよう作曲。津軽岩松藩江戸詰の武士原田伊太夫と吉原の遊女尾上との心中未遂事件を脚色したもの。「蘭蝶らんちよう」「明烏あけがらす」とともに新内の代表曲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾上伊太八
おのえいだはち

音曲、戯曲の登場人物名、またはその題名。1747年(延享4)元津軽岩松家の侍原田伊太夫が吉原の遊女尾上と心中未遂し、日本橋橋詰に晒(さら)された事件を脚色したもの。新内節では初世鶴賀若狭掾(つるがわかさのじょう)(当時富士松敦賀(つるが)太夫)がその同年に発表した『帰咲名残命毛(かえりざきなごりのいのちげ)』(通称「伊太八」)が、『明烏(あけがらす)』や『蘭蝶(らんちょう)』とともに名曲として知られる。戯曲では岡本綺堂(きどう)作『尾上伊太八』があり、1918年(大正7)9月東京・明治座で2世市川左団次の伊太八、2世市川松蔦(しょうちょう)の尾上のちに門付おさよによって初演された。心中未遂のため非人の境涯となり、心もすさんだ伊太八の虚無的な生活を描いたもので、「杏花(きょうか)戯曲十種」に選ばれている。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

尾上伊太八の関連キーワード尾上/伊太八尾上・伊太八鶴賀若狭掾伊太八新内節端物新内蘭蝶

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android