コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

局外中立 キョクガイチュウリツ

4件 の用語解説(局外中立の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょくがい‐ちゅうりつ〔キヨクグワイ‐〕【局外中立】

交戦国のどちらとも関係をもたず、戦争に影響を与える行動をしない立場。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きょくがいちゅうりつ【局外中立】

対立・抗争のどちら側にも立たない態度をとること。
中立 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

局外中立
きょくがいちゅうりつ

戦争、内乱など戦闘状態が発生した場合に、外交関係を有する他の諸国が、いずれの紛争当事国、当事団体に対しても援助などの関与を行わない国際法上の措置をいう。近代日本史上では、とくに戊辰(ぼしん)戦争勃発(ぼっぱつ)に際し、1868年(慶応4)1月25日、欧米列国が旧幕府軍、新政府軍をともに交戦団体とみなし、内乱終結まで武器援助などをしない不関与の態度を宣言したことをさす。この措置は、イギリス公使パークスが主唱したもので、この結果旧幕府軍は、アメリカから購入する手はずとなっていた甲鉄鑑ストーン・ウォールを入手できなくなり、結果として新政府軍が有利となった。列国のうち、フランス、アメリカは従来親幕的態度をとってきていたが、あえて局外中立に同調したのは、列国が関与して戦乱を拡大させれば、かえって対日貿易に支障をきたすことを恐れたからであった。箱館(はこだて)戦争を間近に控えた新政府の強い要求により、翌69年(明治2)12月28日、局外中立の撤廃が宣言された。[田中時彦]
『石井孝著『明治維新の国際的環境』(1966・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

局外中立の関連キーワード交戦区域交戦権交戦者交戦国単性ちらと非交戦者不定称両雄並び立たず中立権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone