コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈家嶺遺跡 くっかれいいせき

百科事典マイペディアの解説

屈家嶺遺跡【くっかれいいせき】

中国,湖北省京山県屈家嶺にある新石器時代遺跡仰韶(ぎょうしょう)文化竜山文化の中間に位置する屈家嶺文化の標準遺跡。薄い彩陶黒陶が出土する。水稲栽培や家畜の飼養が認められるが,狩猟用具・野性獣骨の出土も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くっかれいいせき【屈家嶺遺跡 Qū jiā lǐng yí zhǐ】

中国,湖北省京山県屈家嶺村にある,この地方の代表的な初期新石器時代の遺跡。屈家嶺文化の名はこの遺跡よりおこった。1955‐57年に2度の調査が行われ,3文化期に分けられた。最下層は早期文化層で,貯蔵穴,長方形土壙墓のほか,石斧,石錛(扁平片刃石斧),石鏟(鋤形農具),土製紡錘車,土製環や多数の土器が伴った。土器は黒陶が主で,朱絵黒陶はこの期の特徴である。中層は晩期I層で新たに石鎌,磨製石鏃が現れ,早期より小型化した彩絵紡錘車や彩絵環が出現する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

屈家嶺遺跡の関連キーワード仰韶文化

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android