屈家嶺遺跡(読み)くっかれいいせき

世界大百科事典 第2版の解説

くっかれいいせき【屈家嶺遺跡 Qū jiā lǐng yí zhǐ】

中国,湖北省京山県屈家嶺村にある,この地方の代表的な初期新石器時代の遺跡。屈家嶺文化の名はこの遺跡よりおこった。1955‐57年に2度の調査が行われ,3文化期に分けられた。最下層は早期文化層で,貯蔵穴,長方形土壙墓のほか,石斧,石錛(扁平片刃石斧),石鏟(鋤形農具),土製紡錘車,土製環や多数の土器が伴った。土器は黒陶が主で,朱絵黒陶はこの期の特徴である。中層は晩期I層で新たに石鎌,磨製石鏃が現れ,早期より小型化した彩絵紡錘車や彩絵環が出現する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android