コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屠畜場 トチクジョウ

デジタル大辞泉の解説

とちく‐じょう〔‐ヂヤウ〕【×屠畜場】

食肉に供するために、屠畜・解体処理などを行う施設。屠場

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

屠畜場【とちくじょう】

食用の目的で,家畜を屠殺,解体するための施設。一般屠畜場と簡易屠畜場があり,前者は生後1年以上のウシウマ,または1日10頭以上の獣畜を屠殺・解体できる施設をいい,後者はそれ以外のものをさす。
→関連項目屠畜

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とちくじょう【屠畜場 slaughter house】

家畜飼育業者がその生産家畜を食用に供するために,獣畜の処理の適正を図り,公衆衛生の向上増進に寄与するため〈と畜場法〉(1953公布)が定められ,この法律で獣畜(ウシ,ウマ,ブタ,ヒツジ,ヤギ)を食用に供する目的で屠殺解体する施設を屠畜場と規定している。処理能力については,生後1年以上のウシまたはウマを1日10頭以上屠殺解体する規模であることが定義されている。屠畜場の設置については,構造設備その他厚生省令で定める事項を記載した申請書を都道府県知事に提出し許可を受けなくてはならない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とちくじょう【屠畜場】

屠畜・解体処理などを行う施設。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

屠畜場の関連キーワード温屠体食肉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android