コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屠畜場 トチクジョウ

4件 の用語解説(屠畜場の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とちく‐じょう〔‐ヂヤウ〕【×屠畜場】

食肉に供するために、屠畜・解体処理などを行う施設。屠場。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

屠畜場【とちくじょう】

食用の目的で,家畜を屠殺,解体するための施設。一般屠畜場と簡易屠畜場があり,前者は生後1年以上のウシとウマ,または1日10頭以上の獣畜を屠殺・解体できる施設をいい,後者はそれ以外のものをさす。
→関連項目屠畜

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とちくじょう【屠畜場 slaughter house】

家畜飼育業者がその生産家畜を食用に供するために,獣畜の処理の適正を図り,公衆衛生の向上増進に寄与するため〈と畜場法〉(1953公布)が定められ,この法律で獣畜(ウシ,ウマ,ブタ,ヒツジ,ヤギ)を食用に供する目的で屠殺解体する施設を屠畜場と規定している。処理能力については,生後1年以上のウシまたはウマを1日10頭以上屠殺解体する規模であることが定義されている。屠畜場の設置については,構造設備その他厚生省令で定める事項を記載した申請書を都道府県知事に提出し許可を受けなくてはならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とちくじょう【屠畜場】

屠畜・解体処理などを行う施設。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屠畜場の関連キーワード飼育畜産牧場家畜伝染病患畜牧養農耕牧畜文化委託生産アイルランド家畜法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

屠畜場の関連情報