屠畜場(読み)トチクジョウ

百科事典マイペディアの解説

屠畜場【とちくじょう】

食用の目的で,家畜を屠殺,解体するための施設。一般屠畜場と簡易屠畜場があり,前者は生後1年以上のウシウマ,または1日10頭以上の獣畜を屠殺・解体できる施設をいい,後者はそれ以外のものをさす。いずれもと畜場法でその経営管理を規定されている。屠畜場は一般に係留場,屠室,内臓処理室,冷却室,検査室などの設備をもち,厳重な衛生管理を行うために,排水・浄化装置,冷凍設備の完備,施設とその周辺地の舗装などが必要。
→関連項目屠畜

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とちくじょう【屠畜場 slaughter house】

家畜飼育業者がその生産家畜を食用に供するために,獣畜の処理の適正を図り,公衆衛生の向上増進に寄与するため〈と畜場法〉(1953公布)が定められ,この法律で獣畜(ウシ,ウマ,ブタ,ヒツジ,ヤギ)を食用に供する目的で屠殺解体する施設を屠畜場と規定している。処理能力については,生後1年以上のウシまたはウマを1日10頭以上屠殺解体する規模であることが定義されている。屠畜場の設置については,構造設備その他厚生省令で定める事項を記載した申請書を都道府県知事に提出し許可を受けなくてはならない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とちく‐じょう ‥ヂャウ【屠畜場】

〘名〙 牛、豚などの獣畜を食肉用に解体する施設。屠所
※台湾総督府令第六五号‐明治三七年(1904)九月一六日「公共の事業に属する公園、墓地、市場、屠畜場及其の他の営造物は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android