コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山下幸内上書 やましたこうないじょうしょ

3件 の用語解説(山下幸内上書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山下幸内上書
やましたこうないじょうしょ

享保6 (1721) 年に江戸青山に住む浪人山下幸内 (経歴不詳,一説に紀州浪人で軍学者という) が8代将軍徳川吉宗に提出した上書。享保の改革によって評定所門外に設けられた目安箱に投じられたもので,内容は享保の改革の諸政策を批判し,吉宗が紀州で行なった政策は小政策であり天下の大局に通用するものではないことを痛烈に論じている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やましたこうないじょうしょ【山下幸内上書】

江戸幕府が評定所前に設置した目安箱に,1721年(享保6)秋山下幸内が投じた意見書。幸内は江戸麻布青山辺に住む浪人で,謙信流の軍学者という。内容は将軍徳川吉宗の施政を忌憚なく論評したもので,とくに緊縮・府庫充実政策は富を偏在させ,庶民を困窮させると厳しく批判した。その意見は採用されなかったが,吉宗はその直言を喜び,幸内の評判は江戸中にひろまった。寛政改革の際,松平定信もこれに注目し,感想を述べている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山下幸内上書
やましたこうないじょうしょ

1721年(享保6)評定所(ひょうじょうしょ)の外に設けられた目安箱(めやすばこ)に山下幸内が投書した幕政批判書。幸内の経歴は不明であるが、一説に紀州の浪人で江戸青山辺に居住し、謙信流の軍学者であったという。上書の内容は、8代将軍徳川吉宗(よしむね)の享保(きょうほう)の改革に世人は多大の期待を寄せているが、しかし現実の改革政治は、その期待に反することが多いと、厳しく批判している。とくに質素倹約を強制する奢侈(しゃし)禁令や、金銀貸借の訴訟を不受理とする相対済(あいたいすまし)令は、貨幣の流通を停滞させ、かえって庶民の生活を圧迫していると指摘し、吉宗が紀州藩時代に行ったような小政策は、天下の幕府政治には通用しないと痛言している。この上書は、当時の政局担当者の関心を集めたほか、後の寛政(かんせい)の改革の際も、改革の主導者松平定信(さだのぶ)は山下幸内上書を同僚老中に回覧して意見を求めるなど、大きな影響を与えた。『日本経済叢書(そうしょ)』5、および『日本経済大典』11に所収されている。[竹内 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

山下幸内上書の関連キーワード享保の改革有期労働者小石川植物園エストニア市房山加藤美樹後藤芝山中山伝信録目安箱利尻山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone