コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山下清 やました きよし

美術人名辞典の解説

山下清

画家。東京生。色紙をちぎって点描派風に貼ってつくった作品を高く評価された。その後、時折気ままに国内各地を放浪しては絵の制作を繰り返した。著に『山下清画集』『日本ぶらりぶらり』などがある。昭和46年(1971)歿、49才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やました‐きよし【山下清】

[1922~1971]画家。東京の生まれ。児童養護施設の八幡学園で貼り絵を始める。18歳のときに出奔、全国を放浪。数年後に戻るが、以降は旅をくり返す生活となる。優れた観察力と大胆な色づかいが高く評価され、「日本のゴッホ」と称された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下清 やました-きよし

1922-1971 昭和時代の画家。
大正11年3月10日生まれ。養護施設八幡学園ではり絵をまなび才能をしめす。点描風の作品はたかく評価され,昭和14年の展覧会は人気をよんだ。各地を放浪して気ままな制作活動をつづけ,「放浪日記」を刊行。「日本のゴッホ」「裸の大将」とよばれた。昭和46年7月12日死去。49歳。東京出身。画集に「山下清画集」。
【格言など】兵隊の位になおせば(山下流人物評価のものさし)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山下清
やましたきよし

[生]1922.3.10. 東京
[没]1971.7.12. 東京
画家。小学校に入学するも,知的障害のため級友にいじめられ,何度か刃物を振回すなどの行動を起したため,1934年に知的障害者擁護施設,八幡学園に入る。ここで張り絵 (ちぎり絵) を習得し画才を発揮,精神科医師でゴッホ研究家の式場隆三郎らの紹介で 39年に銀座の画廊で展覧会を開き,世に認められた。記録的な観覧者数で,会場の床が抜け落ちたというほどの盛況ぶりだった。翌年,徴兵されることを恐れて突然施設を抜け出し,3年の間各地を放浪。この間に記した『放浪日記』が 56年に出版されるが,55年の『山下清画集』の出版と相まって,一種のブームを引起し,全国で展覧会が催された。 58年には山下をモデルにした映画『裸の大将』が制作され,純朴で愛すべきキャラクターが人気を呼び,以後も芦屋雁之助が主演のテレビドラマがシリーズ化された。生涯,学園での絵の制作と,放浪の日々を送った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山下清の関連キーワードジェームス三木長岡大花火大会高清水の七清水芦屋 雁之助式場 隆三郎牟田 悌三3月10日小林 桂樹小林桂樹小沢信男山下 清塚地武雅切紙絵高畠渓天才

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山下清の関連情報