コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷水峠 ひやみずとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冷水峠
ひやみずとうげ

福岡県中部,飯塚市筑紫野市の境,三郡山地の南部にある峠。標高 282m。遠賀川水系と筑後川水系の分水嶺をなす。江戸時代には筑前六宿を結び長崎・鹿児島方面と小倉をつなぐ重要な街道 (筑前六宿街道。長崎街道の一部とすることが多い) がここを通り,北に山家,南に内野の宿場町が発達。 1961年国道 200号線が整備され,その後冷水有料道路が開通した。 JR筑豊本線が冷水トンネルで抜けている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひやみず‐とうげ〔ひやみづたうげ〕【冷水峠】

福岡県中西部、飯塚市と筑紫野(ちくしの)市の境にある峠。標高283メートル。筑豊と筑後を結ぶ交通の要衝で、江戸時代には長崎街道の難所として知られた。現在は国道200号が旧峠より約400メートル南を通る。旧道沿いには石畳や郡界石が残っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕冷水峠(ひやみずとうげ)


福岡県中部、三郡(さんぐん)山地南部に位置する峠。南の筑後(ちくご)平野と北の遠賀(おんが)川流域を分ける。標高約280m。古くは長崎街道の最大の難所で、東側に内野(うちの)宿、西側に山家(やまえ)宿がひかえた。旧道は現峠のやや北を通じ、石畳が残る。筑豊(ちくほう)地方と筑後地方を結ぶ重要な交通路。現在、国道200号が越え、直下を冷水有料道路(愛称「うぐいすロード」)がトンネルで抜ける。JR筑豊本線の冷水トンネルは北西約450mを抜ける。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冷水峠
ひやみずとうげ

福岡県飯塚(いいづか)市と筑紫野(ちくしの)市の境にある峠で、標高283メートル。江戸時代には長崎街道の難所として知られた所で、北側には内野(うちの)、南側には山家(やまえ)の両宿場町が発達、筑前六宿(ちくぜんむしゅく)に数えられた。現在は国道200号が旧峠より400メートルほど南を通過、旧峠付近には石畳の跡や郡界石が残っている。峠の下を筑豊本線がトンネルで抜け、筑豊と筑後を結ぶ交通上の要衝である。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の冷水峠の言及

【三郡山地】より

…最高峰は山地のほぼ中央部,粕屋(かすや),筑紫(ちくし),嘉穂(かほ)の3郡の境に位置する三郡山(936m)で,ここから北に向かってしだいに高度を下げ,犬鳴(いぬなき)峠,三坂峠(170m)などに分断されている。三郡山南東の冷水(ひやみず)峠(283m)から南東部は古処(こしよ)山地と呼ばれることもある。筑紫(つくし)山地の一部をなし,標高500~600mおよび約300mに浸食平たん面がみられる。…

※「冷水峠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

冷水峠の関連キーワード飯塚(市)(いいづか)遠賀

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android