コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岳気候 さんがくきこう

3件 の用語解説(山岳気候の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

山岳気候【さんがくきこう】

山岳に特徴的な気候。高さによる気温の変化,斜面などの複雑な地形による日射量や風向風速の変化のため気候の局所的地域差が大きい。山谷風フェーンボラなどの局地風が発達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんがくきこう【山岳気候 mountain climate】

標高を主因子とし,これと地形とが組み合わさって生じた山岳地方に特有な気候。ふつう3000~4000m以上は高山気候と呼び,別に扱う。低地に比べて気温,気圧,絶対湿度が低く,日射量は多いが,高さと複雑な地形のために気候の局地差は著しいのが特徴である。とくに温帯地方では日向斜面と日陰斜面で日射量や日照時間,気温,根雪期間などに著しい差が生ずる。降水量や風の状態もわずかの距離で著しく異なるのが一般的である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山岳気候
さんがくきこう

低地の気候に対して、山岳地に特有な気候をさす。数量的定義がなされているわけではない。山地気候ともいう。高度による影響と地形の複雑さのために局地的な差異が著しく、一般に冷涼である。とくに温帯地方では日向斜面と日影斜面で日射量、日照時間、気温、積雪などに著しい差が生じる。気温の日較差、年較差は低地より小さいが、風速は大きくなる。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山岳気候の言及

【高山気候】より

…標高をおもな原因とし,これと地形とが合して生じる高山地方に特殊な気候。森林限界付近から上の気候をさし,それ以下を山岳気候と呼ぶが,高山気候を含め,山岳地方の気候を一括して山岳気候ともいう。両者の境は温帯地方で標高2000m前後である。…

※「山岳気候」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山岳気候の関連キーワード組物編組油煙形組合す組目番い目取組睨み合せる偏光器外因子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone