コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高山気候 コウザンキコウ

デジタル大辞泉の解説

こうざん‐きこう〔カウザン‐〕【高山気候】

高山に特徴的な気候。気温は高さが増すにつれて下がり、霧が多くなり、雪線以上では万年雪氷河がある。ケッペンの気候区分には含まれず、後に追加された。符合はH。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

高山気候【こうざんきこう】

高山に特徴的な気候。温帯では標高2000m以上,熱帯では3000〜4000m以上の高山の気候。気温は高さが増すにつれて減じ,霧が多く,雪線より上では万年雪や氷河がある。
→関連項目山岳気候

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうざんきこう【高山気候 alpine climate】

標高をおもな原因とし,これと地形とが合して生じる高山地方に特殊な気候。森林限界付近から上の気候をさし,それ以下を山岳気候と呼ぶが,高山気候を含め,山岳地方の気候を一括して山岳気候ともいう。両者の境は温帯地方で標高2000m前後である。高度とともに気温と気圧は低くなる。山体の気温減率は100mにつき0.4~0.7℃である。一般に気温の日変化や年変化は小さい。水蒸気量の絶対量は少ないが,相対湿度は高い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうざんきこう【高山気候】

温帯で海抜2000メートル 以上、熱帯で海抜3000メートル 以上の高地にみられる気候。チベット高原・アンデス山脈・アフリカ東部などに分布。気温は同緯度の低地よりも低く、赤道近くの低緯度の高地では、年中冷涼で生活に適し、高地都市が発達。山岳気候。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高山気候
こうざんきこう

山地気候のうち、とくに高山に現れる特殊な気候。アルプス気候ともいう。通常、森林限界付近から上の気候をさし、温帯地方では普通海抜2000メートル以上に出現する。高度とともに気温と気圧は低下し、日射は強くなる。高緯度地方の寒帯気候に似ているが、日射が弱いために生じるのとは本質的に異なっている。緯度によって温帯高山気候と熱帯高山気候とに区分される。前者はチベット高原、ヨーロッパ・アルプス、アメリカのロッキーなどに分布し、日本でも日本アルプスなどにみられる。後者はボルネオ島、ニューギニア島の高地、東アフリカの山地、エチオピア高原、メキシコ高原、アンデスに分布する。温帯高山気候では気温の年較差が大きく、夏と冬が明瞭(めいりょう)に現れるのに対して、熱帯高山気候では気温の年較差が日較差より小さく、生物の活動にも気温による周期性がない。温帯高山は寒冷で降雪も多く、気候条件はよくないが、熱帯高山では年中冷涼で、人々の生活に適し、集落が発達している。気圧が地上気圧の約半分になる5500メートルが人類の永住限界といわれているが、2000メートル以上になると高山病がみられるようになる。[山下脩二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の高山気候の言及

【山岳気候】より

…標高を主因子とし,これと地形とが組み合わさって生じた山岳地方に特有な気候。ふつう3000~4000m以上は高山気候と呼び,別に扱う。低地に比べて気温,気圧,絶対湿度が低く,日射量は多いが,高さと複雑な地形のために気候の局地差は著しいのが特徴である。…

※「高山気候」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高山気候の関連キーワードアルティプラノ高原アンデス山脈ツンドラ気候コロラド州南アメリカ湿潤気候気候区分ケッペン気候療法気候型ボゴタ低地キト

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android