コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎楽堂 やまざきがくどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山崎楽堂
やまざきがくどう

[生]1885.1. 和歌山
[没]1944.10.29.
能楽研究家,建築家。本名静太郎。東京大学建築学科卒業。喜多流の謡を学び,川崎九淵に大鼓を教わり,鼓の胴を研究して『鼓胴之鑑定』 (1917,生田耕一と共著) を,地拍子の理論を大成して『地拍子精義』を著わす。『国民新聞』『朝日新聞』に能評をも執筆し,また能舞台を研究,梅若能舞台,細川舞台,染井舞台を設計した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎楽堂 やまざき-がくどう

1885-1944 大正-昭和時代前期の能楽研究家,建築家。
明治18年1月19日生まれ。法大教授などをつとめ,能,狂言の評論を発表,地拍子を理論づけた。梅若能楽堂,細川家能楽堂などを設計。高浜虚子門下の俳人でもある。昭和19年10月29日死去。60歳。和歌山県出身。東京帝大卒。本名は静太郎。著作に「観世(かんぜ)流地拍子詳解」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまざきがくどう【山崎楽堂】

1885‐1944(明治18‐昭和19)
能楽研究・評論家,建築家。本名,静太郎。和歌山県生れ。山崎家は紀州藩の家で,父九一郎は大蔵流の名家松井氏に狂言を学び,楽堂も幼時から能・狂言に親しんだ。1909年東京帝国大学建築学科を卒業。千葉高等園芸学校講師,法政大学教授,東京音楽学校講師などを歴任。喜多流の謡をたしなみ,川崎九淵について葛野流(かどのりゆう)大鼓を学んだ。研究家としては囃子に精通し,地拍子の理論を確立し,鼓の胴に造詣(ぞうけい)が深かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山崎楽堂の関連キーワードもの派沖縄戦カリブ文学直木賞東京芸術大学120周年巨文島事件グラント坪内逍遥パークスボードイン

山崎楽堂の関連情報