コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎楽堂 やまざきがくどう

3件 の用語解説(山崎楽堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山崎楽堂
やまざきがくどう

[生]1885.1. 和歌山
[没]1944.10.29.
能楽研究家,建築家。本名静太郎。東京大学建築学科卒業。喜多流の謡を学び,川崎九淵に大鼓を教わり,鼓の胴を研究して『鼓胴之鑑定』 (1917,生田耕一と共著) を,地拍子の理論を大成して『地拍子精義』を著わす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎楽堂 やまざき-がくどう

1885-1944 大正-昭和時代前期の能楽研究家,建築家。
明治18年1月19日生まれ。法大教授などをつとめ,能,狂言の評論を発表,地拍子を理論づけた。梅若能楽堂,細川家能楽堂などを設計。高浜虚子門下の俳人でもある。昭和19年10月29日死去。60歳。和歌山県出身。東京帝大卒。本名は静太郎。著作に「観世(かんぜ)流地拍子詳解」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やまざきがくどう【山崎楽堂】

1885‐1944(明治18‐昭和19)
能楽研究・評論家,建築家。本名,静太郎。和歌山県生れ。山崎家は紀州藩の家で,父九一郎は大蔵流の名家松井氏に狂言を学び,楽堂も幼時から能・狂言に親しんだ。1909年東京帝国大学建築学科を卒業。千葉高等園芸学校講師,法政大学教授,東京音楽学校講師などを歴任。喜多流の謡をたしなみ,川崎九淵について葛野流(かどのりゆう)大鼓を学んだ。研究家としては囃子に精通し,地拍子の理論を確立し,鼓の胴に造詣(ぞうけい)が深かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山崎楽堂の関連キーワード石割松太郎表章評論家銕仙会能楽研修所建築家賠償責任保険石井和紘江島伊兵衛広瀬政次三宅襄デュ・セルソー

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山崎楽堂の関連情報