コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂元雪鳥 さかもと せっちょう

4件 の用語解説(坂元雪鳥の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

坂元雪鳥

国文学者・能評家。本名は三郎。鹿児島県士族坂元常彦の養子。佐賀県生。東大国文科卒業。朝日新聞社に入り天邪鬼ペンネームで能評を担当、その能評は最も権威があった。日大国文科教授。また子規門下として俳句を能くした。著書に『能楽私論』『坂元雪鳥能評全集』等がある。昭和13年(1938)歿。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂元雪鳥 さかもと-せっちょう

1879-1938 明治-昭和時代前期の能楽評論家。
明治12年4月25日生まれ。坂元家の養子となる。明治40年東京朝日新聞社にはいる。天邪鬼(あまのじゃく)の筆名で三十余年能評欄を担当した。日大教授。昭和13年2月5日死去。60歳。福岡県出身。東京帝大卒。旧姓は白仁(しらに)。本名は三郎。著作に「能楽私論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さかもとせっちょう【坂元雪鳥】

1879‐1938(明治12‐昭和13)
能楽評論家,国文学者。旧姓は白仁(しらに)三郎。坂元家の養子となる。天邪鬼(あまのじやく)の号を持つ。福岡県柳川出身。1907年東京大学文科を首席で卒業,東京朝日新聞社に入社。独協中学教諭を経て,28年日本大学教授に就任,法政大学東京女子大学の講師を兼任した。在学中から能評の筆を執り,朝日新聞入社後は同紙の能評欄を担当,没するまで能楽評論活動を展開した。終生,能を愛し,旧来の評判記的な域を脱して芸術批評としての能評の分野を開拓した功績は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂元雪鳥
さかもとせっちょう

[生]1879. 柳川
[没]1938.2.5. 東京
能楽評論家。本名三郎。東京帝国大学国文科卒業。東京朝日新聞社に入社。 1908年から 38年まで,おもに『朝日新聞』紙上に「天邪鬼」の筆名で能評を執筆,のちに『坂元雪鳥能評全集』にまとめられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂元雪鳥の関連情報