コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山彦河良 やまびこかりょう

世界大百科事典 第2版の解説

やまびこかりょう【山彦河良】

河東節の三味線方。6世まである。初世と6世が有名。(1)初世 生没年不詳。初世山彦源四郎の門人。初名良波。1758年(宝暦8)以降4世十寸見河東(ますみかとう)の三味線を弾く。61年の《助六由縁(ゆかりの)江戸桜》では4世河東と市村座に出演。今日まで残る《助六》はこの人の作曲。64年(明和1)以後の消息不詳。(2)2世 生没年不詳。初世源四郎の門人。初名2世良波。1774年(安永3)から1782年(天明2)まで活動。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の山彦河良の言及

【熊野】より

西沢一鳳の《皇都午睡》に,著者が山田検校のこの曲の演奏を聞きたがったことが記されている。(3)河東節 9世十寸見河東および5世山彦河良作曲。1849年(嘉永2)初演。…

※「山彦河良」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報