コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山彦源四郎 やまびこげんしろう

1件 の用語解説(山彦源四郎の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やまびこげんしろう【山彦源四郎】

河東節三味線方。4世まであるが初世がもっとも有名。(1)初世(?‐1756(宝暦6)) 本名村上源四郎。初世江戸半太夫の弟子と伝える。1717年(享保2)初世十寸見(ますみ)河東と河東節創立に参加,以後4世河東まで弾き,河東節三味線スタイルを確立した。その姓は,3世石村近江作の山彦銘の三味線を入手してからという。(2)2世(?‐1792(寛政4)) 初世の門弟孫四郎の子。のち初世の養子となり,1774年(安永3)ころ2世を襲名した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の山彦源四郎の言及

【十寸見河東】より

…江戸日本橋魚商の子で初世江戸半太夫の門に入り,半太夫節に手品節,式部節などを加えて1717年(享保2)春,江戸市村座で《松の内》を語って一派を樹立した。高弟に河丈(2世河東,?‐1734),河洲(3世河東,?‐1745)があり,初世山彦源四郎と河東節を完成させた。4世(?‐1771)は3世の甥で,代表曲《助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)》を完成し,6世(1727‐96)以降の劇場出演はこの曲以外は出演しなくなった。…

※「山彦源四郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山彦源四郎の関連キーワード河東節豊沢団平十寸見河東佐々木市蔵(初代)鶴谷藤八三保崎兵助山彦河良(初代)山彦源四郎(初代)山彦源四郎(3代)山彦文子(初代)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone