コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本為三郎 やまもとためさぶろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山本為三郎
やまもとためさぶろう

[生]1893.4.24. 大阪
[没]1966.2.4. 東京
実業家。 1909年 17歳で父のガラス製造業を継ぎ,帝国鉱泉と瓶の供給契約を結んだ。 14年第1次世界大戦が始り瓶の原価が上がると,これを打開するためにアメリカへ渡り半自動製瓶機を購入して帰国,17年日本製瓶会社を設立した。 21年同社は帝国鉱泉,加富登麦酒と合併して日本麦酒鉱泉会社を設立,根津嘉一郎の下で常務就任,33年日本麦酒鉱泉は大日本麦酒合併,47年同社専務取締役。 49年に新大阪ホテル,さらに過度経済力集中排除法の適用によって大日本麦酒が2分割され,その1社朝日麦酒の社長に就任。以後数社の役員を兼任,さらには中央酒類審議会委員も兼ねた。また 1920年代には友人の興行師 A.ストロークを通じて J.ハイフェッツ,F. I.シャリアピンなどの音楽家の来日公演にも尽力したほか,日本民藝館の建設にも援助するなど文化面でも功績がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本為三郎 やまもと-ためさぶろう

1893-1966 大正-昭和時代の実業家。
明治26年4月24日生まれ。大正6年日本製壜(せいびん)を創立。合併をへて昭和8年大日本麦酒(ビール)常務。戦後GHQの企業分割指令により新発足した朝日麦酒の社長となる。音楽,民芸など文化活動にもつくした。昭和41年2月4日死去。72歳。大阪出身。北野中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山本為三郎の関連キーワードアサヒビール昭和時代実業家

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android