山村 聡(読み)ヤマムラ ソウ

20世紀日本人名事典の解説

山村 聡
ヤマムラ ソウ

昭和・平成期の俳優,映画監督



生年
明治43(1910)年2月24日

没年
平成12(2000)年5月26日

出生地
奈良県天理市

本名
古賀 寛定

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部独文科〔昭和10年〕卒

主な受賞名〔年〕
ブルーリボン賞男優賞(昭25年度)「宗方姉妹」,チェコ映画祭監督賞「蟹工船」,ブルーリボン賞新人賞(演出)(昭29年度)「黒い潮」,毎日映画コンクール男優賞(昭29年度)「山の音」「黒い潮」,ブルーリボン賞助演男優賞(昭36年度)「あれが港の灯だ」「河口」,キネマ旬報賞男優賞(昭36年度)「傷だらけの山河」,紫綬褒章〔昭和52年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和58年〕,日本映画批評家賞(ゴールデングローリー賞 第5回 平7年度)〔平成8年〕

経歴
太陽座、井上演劇道場文化座などでの舞台俳優活動を経て、昭和21年東宝「生命のある限り」で映画デビュー。22年「女優須磨子の恋」の島村抱月役で注目され、「宗方姉妹」「雪夫人絵図」「平手造酒」「現代人」などで名演技者としての地位を獲得。27年独立プロ・現代ぷろだくしょんを設立、翌年「蟹工船」を製作。以後35年まで6本の映画を監督。代表作は「黒い潮」。その後「四十八歳の抵抗」「傷だらけの山河」などで名演技を見せるが、39年以後は、ホームドラマ「ただいま11人」「必殺仕掛人」などテレビ出演が多い。45年日米合作映画「トラ・トラ・トラ!」で山本五十六を演じ、国際的に知られた。平成8年86歳で舞台「父(チャン)と呼べ」を初演出し、話題となる。同年10月舞台「女たちの忠臣蔵」を最後に一線を退いた。また釣り具店を開いたこともある釣りファンで、著書「釣りひとり」がある。旧制一高寮歌の作曲者としても知られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

山村 聡
ヤマムラ ソウ


職業
俳優 映画監督

本名
古賀 寛定(コガ ヒロサダ)

生年月日
明治43年 2月24日

出生地
奈良県 天理市

学歴
東京帝国大学文学部独文科〔昭和10年〕卒

経歴
太陽座を皮切りに舞台俳優として活動し、松竹の関西新派を経て、11年井上演劇道場に参加。17年山形勲とともに文化座を結成し、国民新劇場で梅本重信脚色の「武蔵野」を公演して旗揚げした。19年応召するが、20年終戦のため復員。21年楠田清監督「生命ある限り」に脇役で出演して映画デビューを果たすと、22年には溝口健二監督「女優須磨子の恋」で島村抱月役を演じて注目された。23年関川秀雄監督「第二の人生」で主役に抜擢され、以後、小津安二郎監督「宗方姉妹」でブルーリボン賞男優賞を受賞した他、同監督「東京物語」「早春」「東京暮色」、溝口監督「雪夫人絵図」「武蔵野夫人」「楊貴妃」、豊田四郎監督「えり子とともに」、並木鏡太郎監督「平手造酒」、成瀬巳喜男監督「めし」「山の音」「杏っこ」、新藤兼人監督「縮図」「どぶ」、川島雄三監督「愛のお荷物」、山本薩夫監督「傷だらけの山河」、岡本喜八監督「日本のいちばん長い日」、舛田利雄監督「ノストラダムスの大予言」、大森一樹監督「ゴジラVSキングギドラ」などで重厚な演技を見せた。この間、27年独立プロ・現代ぷろだくしょんを興し、社長に就任。28年には同プロで小林多喜二原作の「蟹工船」を製作・脚本・監督を担当し、興行的に成功しただけでなくチェコ映画祭監督賞にも選ばれた。29年には製作を再開した日活で井上靖原作の社会派作品「黒い潮」を撮り、ブルーリボン賞新人監督賞を受賞。その後も「沙羅の花の峠」「母子草」「鹿島灘の女」を立て続けに監督したが、川口松太郎原作・笠原和夫脚本による35年の「風流深川歌」が最後の映画演出となった。39年のホームドラマ「ただいま11人」以降はテレビドラマでも活躍し、「春の坂道」「必殺仕掛人」「柳生一族の陰謀」「非情のライセンス」「ザ・ハングマン」などで尊敬できる父親役や知的かつ貫禄ある役どころを演じた。また日本テレビの「東京物語」「松山家の人々」などでは演出も手がけている。45年には日米合作映画「トラ・トラ・トラ!」では山本五十六を好演して国際的に知られるようになり、61年ロン・ハワード監督の米映画「ガン・ホー」にも出演。平成8年86歳で舞台「父(チャン)と呼べ」を初演出して話題となったが、同年10月舞台「女たちの忠臣蔵」を最後に一線を退いた。釣り具店を開業したこともある釣りファンとしても著名。著書に「釣りひとり」がある。

所属団体
日本映画監督協会

受賞
紫綬褒章〔昭和52年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和58年〕 ブルーリボン賞男優賞(昭和25年度)「宗方姉妹」,チェコ映画祭監督賞「蟹工船」,ブルーリボン賞新人賞(演出)(昭和29年度)「黒い潮」ブルーリボン賞助演男優賞(昭和36年度)「あれが港の灯だ」「河口」,キネマ旬報賞男優賞(昭和36年度)「傷だらけの山河」,日本映画批評家賞(ゴールデングローリー賞 第5回 平成7年度)〔平成8年〕 毎日映画コンクール男優賞(昭29年度)「山の音」「黒い潮」

没年月日
平成12年 5月26日 (2000年)

伝記
脇役本―ふるほんに読むバイプレーヤーたち麦わら帽子の釣り本散歩 濱田 研吾 著大崎 紀夫 著(発行元 右文書院三樹書房 ’05’99発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

山村 聡 (やまむら そう)

生年月日:1910年2月24日
昭和時代;平成時代の俳優;映画監督
2000年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報