山花 貞夫(読み)ヤマハナ サダオ

20世紀日本人名事典の解説

山花 貞夫
ヤマハナ サダオ

昭和・平成期の政治家 元・衆院議員(民主党);元・日本社会党委員長。



生年
昭和11(1936)年2月26日

没年
平成11(1999)年7月14日

出生地
東京・本所

学歴〔年〕
中央大学法学部〔昭和33年〕卒

経歴
25歳で弁護士となり、総評弁護団の一員としてもっぱら労働、公安事件を手がける。昭和51年社会党から衆院議員に当選。党中執委員、副書記長などを歴任。党内でのポジションは純粋中立で、“市民派”感覚の持ち主。平成3年書記長を経て、5年委員長に就任するが、同年の東京都議選で敗北。続く総選挙でも公認70議席という歴史的敗北を喫し、新生党、日本新党、公明党などと共に7党1会派の非自民連立政権を樹立、政治改革担当大臣となるが、選挙の責任をとって委員長を辞任した。6年8月社会党内に発足した中間・右派グループ・新民主連合の会長となる。7年離党して、民主の会を結成。8年市民リーグ結成。同年民主党に参加。8期務めた。共著に「選挙法全書」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

山花 貞夫
ヤマハナ サダオ


肩書
元・衆院議員(民主党),元・日本社会党委員長

生年月日
昭和11年2月26日

出生地
東京・本所

学歴
中央大学法学部〔昭和33年〕卒

経歴
25歳で弁護士となり、総評弁護団の一員としてもっぱら労働、公安事件を手がける。昭和51年社会党から衆院議員に当選。党中執委員、副書記長などを歴任。党内でのポジションは純粋中立で、“市民派”感覚の持ち主。平成3年書記長を経て、5年委員長に就任するが、同年の東京都議選で敗北。続く総選挙でも公認70議席という歴史的敗北を喫し、新生党、日本新党、公明党などと共に7党1会派の非自民連立政権を樹立、政治改革担当大臣となるが、選挙の責任をとって委員長を辞任した。6年8月社会党内に発足した中間・右派グループ・新民主連合の会長となる。7年離党して、民主の会を結成。8年市民リーグ結成。同年民主党に参加。8期務めた。共著に「選挙法全書」など。

没年月日
平成11年7月14日

家族
息子=山花 郁夫(衆院議員) 父=山花 秀雄(社会党副委員長)

資格
?護士

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

山花 貞夫 (やまはな さだお)

生年月日:1936年2月26日
昭和時代;平成時代の政治家
1999年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android