コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山花貞夫 やまはなさだお

2件 の用語解説(山花貞夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山花貞夫
やまはなさだお

[生]1936.2.26. 東京
[没]1999.7.14. 東京
政治家。元社会党副委員長山花秀雄の息子。 1958年中央大学法学部卒業。弁護士を開業して日本社会党弁護団,総評弁護団に所属。主として労働・公安事件を手掛ける。 1972年総選挙に父の後継者として出馬したが落選,次の 76年総選挙で初当選し以来当選8回。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山花貞夫 やまはな-さだお

1936-1999 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和11年2月26日生まれ。山花秀雄の長男。昭和36年弁護士となり,総評弁護団に所属する。51年社会党から衆議院議員(当選8回)。党内の左右両派と距離をたもち,平成3年書記長。5年党委員長となり,細川連立内閣政治改革担当相。のち市民リーグをへて,8年民主党にうつる。平成11年7月14日死去。63歳。東京出身。中央大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山花貞夫の関連キーワード誘導尋問薄田宙哉公判自殺関与罪逮捕反対尋問数学基礎論ジョージ人民戦線トヨダAA型

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山花貞夫の関連情報