コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山葡萄(読み)ヤマブドウ

デジタル大辞泉の解説

やま‐ぶどう〔‐ブダウ〕【山××萄】

ブドウ科の蔓性(つるせい)の落葉低木。四国以北の山地自生。葉と対生して巻きひげが出る。葉は五角形状をし、裏面に褐色の綿毛を密生。雌雄異株。夏に黄緑色の小花を円錐状につけ、秋に黒色の実が房になって垂れる。実は酸っぱいが食べられる。 秋》「―故山の雲のかぎりなし/夕爾」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまぶどう【山葡萄】

ブドウ科のつる性落葉木本。山地に自生。葉は五角形で基部は心臓形、裏に毛がある。初夏、葉に対生する円錐花序に、淡緑色の小花をつける。果実は小球形で房をなし、黒く熟し食べられる。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山葡萄 (ヤマブドウ・ヤマエビ)

学名:Vitis coignetiae
植物。ブドウ科の落葉つる性植物,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山葡萄の関連情報