山葡萄(読み)ヤマブドウ

デジタル大辞泉の解説

やま‐ぶどう〔‐ブダウ〕【山××萄】

ブドウ科の蔓性(つるせい)の落低木。四国以北の山地自生。葉と対生して巻きひげが出る。葉は五角形状をし、裏面に褐色の綿を密生。雌雄異株。夏に黄緑色の小花を円錐状につけ、に黒色の実がになって垂れる。実は酸っぱいが食べられる。 秋》「―故山の雲のかぎりなし/夕爾」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまぶどう【山葡萄】

ブドウ科のつる性落葉木本。山地に自生。葉は五角形で基部は心臓形、裏に毛がある。初夏、葉に対生する円錐花序に、淡緑色の小花をつける。果実は小球形で房をなし、黒く熟し食べられる。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やま‐ぶどう ‥ブダウ【山葡萄】

〘名〙 ブドウ科のつる性落葉木本。北海道、本州、四国の山地に生える。巻きひげで他物にからむ。葉は長柄をもち大きく心臓状円形、浅く三~五裂して縁に不規則な鋸歯(きょし)があり、裏に赤褐色の綿毛を密生する。秋、美しく紅葉する。初夏、黄緑色の小さな五弁花を多数円錐状につける。果実は径八ミリメートルぐらいの球形で黒熟し食べられる。かねぶ。やまえび。おおえびづる。《季・秋》 〔俳諧・番匠童(1689)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山葡萄の関連情報