コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山鳴 ヤマナラシ

デジタル大辞泉の解説

やま‐ならし【山鳴】

ヤナギ科の落葉高木。山地の日当たりのよい所に生える。葉は互生し、広卵形で、葉柄は長い。風にゆらいだ葉が触れ合って音をたてる。雌雄異株。春、葉より先に花をつけ、雄花穂は赤褐色、雌花穂は黄緑色で、下垂する。材で箱などを作る。白楊(はくよう)。はこやなぎ。あおどろ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまならし【山鳴】

ヤナギ科の落葉高木。山中に自生。長い葉柄のある広卵形の葉が互生し、わずかな風にもゆらぎ音を立てる。早春、尾状花序を下垂。材は軽くて軟らかく、箱や経木、下駄などを作る。箱柳。漢名、白楊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

山鳴の関連キーワードハコヤナギ(箱柳)大山・太山横山美智子ナルコユリヤマナラシ堀 弘一ヤナギ科尾状花序土石流盤圧木霊漢名早春下駄自生山中箱柳経木