コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩井半四郎(4代) いわい はんしろう

2件 の用語解説(岩井半四郎(4代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩井半四郎(4代) いわい-はんしろう

1747-1800 江戸時代中期-後期の歌舞伎役者。
延享4年生まれ。2代松本幸四郎(のち4代市川団十郎)に入門。岩井家の断絶をおしむ団十郎の配慮で,明和2年半四郎を襲名。女方の名優として生世話物(きぜわもの)に新時代をひらいた。三日月お仙が当たり役。荒事にもすぐれた。寛政12年3月29日死去。54歳。江戸出身。前名は松本七蔵。俳名は杜若。通称はお多福半四郎。屋号は雑司谷屋,大和屋

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岩井半四郎(4代)

没年:寛政12.3.29(1800.4.22)
生年:延享4(1747)
江戸中期の歌舞伎役者。江戸生まれ。人形遣い辰松(西川)重三郎の子。2代目松本幸四郎(のちの4代目市川団十郎)の門弟。松本長松,2代目七蔵を経て明和2(1765)年に半四郎を襲名。屋号雑司谷屋,大和屋。俳名杜若。俗称は容貌から「お多福半四郎」,別荘の地から「目黒の太夫」「白金の太夫」。明治前期の8代目半四郎に至る後期江戸歌舞伎界の女形の名家岩井家の元祖。岩井半四郎の名跡は3代まで大坂の座本を兼ねた立役であったが,3代目半四郎の女婿でもあった師の団十郎がその名が絶えるのを惜しんで,門弟を岩井家の養子として継がせたのである。娘役,世話女房役をはじめとして女形芸全般に秀で,若衆形から荒事に至るまで広く演じて成功した。所作事にも長じている。当たり役も多数知られているが,女形としては次の時代に多く演ぜられる生世話物の女房芸の創始者とされている。同時代の3代目瀬川菊之丞と共に当代女形の双璧と称えられた。<参考文献>伊原敏郎『近世日本演劇史』

(池上文男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩井半四郎(4代)の関連キーワード歌舞伎役者小佐川常世(2代)杉伝十郎惣領甚六(初代)玉井権八段助中村数馬中村勘三郎(初代)中村勘之丞早川伝四郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone