生世話物(読み)きぜわもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生世話物
きぜわもの

歌舞伎狂言の一種。真世話物ともいう。生粋の世話物という意味で,庶民生活を題材とする世話狂言をさらに写実的にしたもの。化政期 (1804~30) に4世鶴屋南北を中心に発達した。庶民のうちでも下層階級の人々を徹底的に描き,陰惨卑猥さを盛込んだことが,退廃的世相に合致して流行した。怪談物白浪物 (盗賊物) が主要部分を占める。幕末期,河竹黙阿弥も様式化,音楽化の方向を示しながらも,これを継承し推し進めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きぜわもの【生世話物】

歌舞伎の世話物のうち、特に江戸時代の庶民の生活を写実的に描いた脚本、またその演出。怪談物や白浪しらなみ物が多い。四世鶴屋つるや南北・河竹黙阿弥もくあみらによって完成された。生世話。生世話狂言。真世話物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android