コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生世話物 きぜわもの

3件 の用語解説(生世話物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生世話物
きぜわもの

歌舞伎狂言の一種。真世話物ともいう。生粋の世話物という意味で,庶民生活を題材とする世話狂言をさらに写実的にしたもの。化政期 (1804~30) に4世鶴屋南北を中心に発達した。庶民のうちでも下層階級の人々を徹底的に描き,陰惨卑猥さを盛込んだことが,退廃的世相に合致して流行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きぜわ‐もの【生世話物】

歌舞伎世話物のうち、写実的傾向の著しい内容・演出によるもの。文化・文政期(1804~1830)以降の江戸歌舞伎で発達。生世話狂言。真世話物。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きぜわもの【生世話物】

歌舞伎の世話物のうち、特に江戸時代の庶民の生活を写実的に描いた脚本、またその演出。怪談物や白浪しらなみ物が多い。四世鶴屋つるや南北・河竹黙阿弥もくあみらによって完成された。生世話。生世話狂言。真世話物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生世話物の関連キーワード阿国歌舞伎遊女歌舞伎歌舞伎・歌舞妓歌舞伎狂言歌舞伎劇歌舞伎子歌舞伎芝居歌舞伎役者歌舞伎踊段助

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生世話物の関連情報