コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸和田城 きしわだじょう

3件 の用語解説(岸和田城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

きしわだじょう【岸和田城】

大阪府岸和田市岸城町にあった平城(ひらじろ)。安土桃山時代に豊臣秀吉の叔父小出秀政(ひでまさ)が5層の天守を築いた城。建武年間(1334~36年)頃、楠木正成(くすのきまさしげ)の一党和田高家(たかいえ)が現在の和田町あたりに築城したのが岸和田城の始まりといわれる。その後、和泉守護細川氏や守護代松浦氏など、城主がめまぐるしく交代した。その間に現在地に移されたが、天守閣もなく、館の周囲に塀や土塁をめぐらせただけの城館であった。1585年(天正13)、豊臣秀吉の叔父小出秀政が3万石で入封、秀政は本格的な築城にとりかかった。このとき5層の天守閣を築くなど、近世城郭として整備された。豊臣氏滅亡後、松平(松井)氏3代を経て、1640年(寛永17)摂津高槻から岡部宣勝(のぶかつ)が入城、大規模な改修が行われた。以後、明治維新まで岡部氏が13代にわたって居城した。1827年(文政10)、小出氏の築いた天守閣は落雷によって焼失し、1954年(昭和29)に再建され、その後城壁と櫓(やぐら)も再建され、現在にいたる。天守閣と櫓は市立郷土資料館となり、岡部家遺品などが展示公開されている。南海電鉄南海本線蛸地蔵駅から徒歩約5分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きしわだ‐じょう〔‐ジヤウ〕【岸和田城】

岸和田市にあった城。天正13年(1585)小出秀政が入封し修築したもので、寛永17年(1640)以降岡部氏在城。千亀利(ちぎり)城。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岸和田城
きしわだじょう

戦国期~江戸期の城。大阪府岸和田市岸城町にある。1585年(天正13)豊臣(とよとみ)秀吉からこの地を与えられた小出秀政(こいでひでまさ)が入封し築城した。小出氏3代相続のあと1619年(元和5)松平(松井)康重(やすしげ)が入ったが、さらに40年(寛永17)高槻(たかつき)城から岡部宣勝(のぶかつ)が6万石で入り大改築を行っている。5層の天守閣は1827年(文政10)落雷で焼失し、現在の三層天守は模擬復興天守である。[小和田哲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岸和田城の関連キーワード岸和田市岸和田浜田青陵賞岸和田カンカンベイサイドモールEAST岸和田カンカンベイサイドモールWEST岸和田市立浪切ホールチャリオンテレビ岸和田半田紡績

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岸和田城の関連情報