コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸和田城 きしわだじょう

日本の城がわかる事典の解説

きしわだじょう【岸和田城】

大阪府岸和田市岸城町にあった平城(ひらじろ)。安土桃山時代に豊臣秀吉の叔父小出秀政(ひでまさ)が5層の天守を築いた城。建武年間(1334~36年)頃、楠木正成(くすのきまさしげ)の一党和田高家(たかいえ)が現在の和田町あたりに築城したのが岸和田城の始まりといわれる。その後、和泉守護細川氏や守護代松浦氏など、城主がめまぐるしく交代した。その間に現在地に移されたが、天守閣もなく、館の周囲に塀や土塁をめぐらせただけの城館であった。1585年(天正13)、豊臣秀吉の叔父小出秀政が3万石で入封、秀政は本格的な築城にとりかかった。このとき5層の天守閣を築くなど、近世城郭として整備された。豊臣氏滅亡後、松平(松井)氏3代を経て、1640年(寛永17)摂津高槻から岡部宣勝(のぶかつ)が入城、大規模な改修が行われた。以後、明治維新まで岡部氏が13代にわたって居城した。1827年(文政10)、小出氏の築いた天守閣は落雷によって焼失し、1954年(昭和29)に再建され、その後城壁と櫓(やぐら)も再建され、現在にいたる。天守閣と櫓は市立郷土資料館となり、岡部家遺品などが展示公開されている。南海電鉄南海本線蛸地蔵駅から徒歩約5分。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きしわだ‐じょう〔‐ジヤウ〕【岸和田城】

岸和田市にあった城。天正13年(1585)小出秀政が入封し修築したもので、寛永17年(1640)以降岡部氏在城。千亀利(ちぎり)城。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岸和田城
きしわだじょう

戦国期~江戸期の城。大阪府岸和田市岸城町にある。1585年(天正13)豊臣(とよとみ)秀吉からこの地を与えられた小出秀政(こいでひでまさ)が入封し築城した。小出氏3代相続のあと1619年(元和5)松平(松井)康重(やすしげ)が入ったが、さらに40年(寛永17)高槻(たかつき)城から岡部宣勝(のぶかつ)が6万石で入り大改築を行っている。5層の天守閣は1827年(文政10)落雷で焼失し、現在の三層天守は模擬復興天守である。[小和田哲男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岸和田城の関連キーワード烏帽子形城跡新藤勘左衛門岸和田(市)岸和田[市]安宅冬康中村一氏松浦宗清黒田長政松平康重小出吉英岸和田藩松井氏小出氏水間寺小出

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岸和田城の関連情報