高槻(読み)タカツキ

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 高く茂った槻の木。槻の大木。
※読本・春雨物語(1808)二世の縁「山城の高槻の樹の葉散りはてて」
[2] 大阪府北東部の地名。天正年間(一五七三‐九二)高山右近の居城があり、江戸時代は永井氏三万六千石の城下町。京都市と大阪市との中間にあり、古くから開け、古墳が多い。かつては西国街道の宿場町で、現在は東海道本線、名神高速道路が通じる。電気機械器具、製薬などの工業が盛んな工業都市。歌人伊勢の草庵跡や能因法師の能因塚などがある。昭和一八年(一九四三)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高槻の関連情報