コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崇明島 すうめいとう

4件 の用語解説(崇明島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

崇明島
すうめいとう

「チョンミン (崇明) 島」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

崇明島【すうめいとう】

中国東部,長江河口の砂州島。世界最大の沖積島である。9―10世紀ごろ形成され,現在上海市に属し崇明県をなし,上海浦東新区,宝山区を擁し開発が進んでいるが,東部の崇明東灘湿地は水質が良く海洋生物の宝庫で,ラムサール条約登録地となっている。
→関連項目上海

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すうめいとう【崇明島 Chóng míng dǎo】

中国,長江(揚子江)の河口にある島。行政的には上海市崇明県を形成する。長江のもたらす泥土が沈積してできたもので,面積1083km2,中国の島では第3位の大きさ。唐代初めに西沙,東沙の二つの島が出現し,五代には西沙に鎮が置かれ,農漁業の開発がすすめられた。その後河流や潮流の変化とともに砂州の消滅や生成がくりかえされ,人為的な開発とともに島の面積は広がったが,自然環境不安定であった。元代に州が置かれ,明には県となったが,県治は5度も変遷している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

崇明島
すうめいとう / チョンミンタオ

中国、揚子江(ようすこう/ヤンツーチヤン)の河口にある砂島。面積1083平方キロメートル。上海(シャンハイ)市崇明県に属し、人口約65万(2000)。揚子江の沖積作用により形成された中州で、唐代初めに出現し、以後、揚子江の本流が南北に移動したことや、潮の干満、波の影響でいくつもの中州が出現・消滅を繰り返していたが、明(みん)末から清(しん)初にかけて島々の間に泥砂が堆積(たいせき)して一つの大島になった。近代になり東西両端が急速に高くなり、面積は日ごとに増大している。地形は平坦(へいたん)で、河川が縦横に流れ、土壌は肥沃(ひよく)である。19世紀後半から本格的に開墾を開始し、解放後は8か所に国営農場が建設され、米を主に、小麦、豆、綿花を産出する。漁業も盛んである。[林 和生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

崇明島の関連キーワード黄海揚子江揚子江気団河口港潯陽鎮江巫山河口性長江(揚子江)デルタ地帯揚子江デルタ地帯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

崇明島の関連情報