コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川平貝塚 かびらかいづか

国指定史跡ガイドの解説

かびらかいづか【川平貝塚】


沖縄県石垣市川平にある貝塚。石垣島の北西、川平湾と崎枝湾を仕切るように北に突出する半島中央部の低い独立した丘に所在する。八重山諸島で初めて発見された遺跡で、沖縄諸島の文化とは異なる、15~16世紀の八重山を知るうえで重要な遺跡とされ、1972年(昭和47)に国の史跡に指定された。遺物は中腹から頂上の平坦部にかけて、土器、青磁、石斧(せきふ)、凹石、石杵、石皿、貝皿および貝殻、哺乳動物・魚類の骨が検出された。八重山の土器は縄文文化の系統に属する沖縄本島のものとは明らかに異なり、把手(とって)が水平状に付けられている特徴から「外耳(そとみみ)土器」と命名され、八重山式土器の重要な特徴とされている。遺跡の年代については中国産青磁が出土していることから15~16世紀と推定され、沖縄諸島と異なり、八重山には独自の地域文化が存在していたと考えられている。石垣市から東バス「川平」下車、徒歩約10分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

世界大百科事典内の川平貝塚の言及

【川平湾】より

…また,マラリアで廃絶した集落の多い石垣島では,その禍いより生き延びてきた数少ない集落の一つでもある。集落背後には川平貝塚(史)があり,外耳土器のほか,青磁類や南蛮焼類が出土する。【町田 宗博】。…

※「川平貝塚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川平貝塚の関連キーワード哺乳動物凹石

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android