コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川祭(り) カワマツリ

デジタル大辞泉の解説

かわ‐まつり〔かは‐〕【川祭(り)】

陰暦6月と12月に行われる水神の祭り。河川・井戸・泉などの水辺で広く行われる。この名称は西日本に多い。→川浸(かわびた)り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の川祭(り)の言及

【川】より

…これは生産暦の上で初夏は麦の収穫期であるとともに,稲田に十分な水が必要な時期だからである。さらに本格的な暑季を前にして稲につく虫を駆除したり,悪疫流行に備え,悪霊を追い払うことを目的とする川祭・夏祭が盛行する。夏の川祭には,川開き,氷の朔日(ついたち)(6月1日),河童祭,川施餓鬼(せがき),虫送り,人形流し,ナヌカビ(七日目)の行事,七夕などとつづく。…

※「川祭(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

川祭(り)の関連キーワード須成祭の車楽船行事と神葭流し岐阜県飛騨市古川町上気多川越氷川祭の山車行事寒川(和歌山県)山・鉾・屋台行事美山(和歌山県)古川(岐阜県)気多若宮神社裸祭り・裸祭飛騨(市)川越(市)出雲(市)江東(区)富岡八幡宮津島(市)キュウリ川越祭り津島神社川開き岐阜県

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android