市川中車(読み)いちかわちゅうしゃ

大辞林 第三版の解説

いちかわちゅうしゃ【市川中車】

(七世)(1860~1936) 歌舞伎俳優。屋号立花屋。当り役「時今也桔梗旗揚」の光秀役。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちかわちゅうしゃ【市川中車】

歌舞伎俳優。屋号立花屋。家紋大割牡丹。中車の名は歴代の市川八百蔵俳名であったが,7世八百蔵が晩年芸名とした。したがって俳優の名跡としては,7世,8世である。(1)7世(1860‐1936∥万延1‐昭和11) 本名橋尾亀次郎。京都大黒町に生まれ,5歳で初舞台。7歳の時初世尾上多見蔵の門下となり尾上当次郎,12歳の時中山喜楽の客分となり,中山鶴五郎を名のる。1880年7月猿若座で名題披露と同時に,7世市川八百蔵を襲名した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市川中車
いちかわちゅうしゃ

歌舞伎(かぶき)俳優。中車の名は市川八百蔵(いちかわやおぞう)代々の俳名で、7世八百蔵が晩年に芸名としたのに始まる。屋号立花屋(たちばなや)[古井戸秀夫]

7世

(1860―1936)芸名としては初世。本名橋尾亀次郎。京都に生まれて役者となり、東京へ出て、猿若座(さるわかざ)の太夫元(たゆうもと)中村勘三郎が預かっていた市川八百蔵の名跡(みょうせき)を襲名、7世となる。のち9世団十郎の門に入って薫陶(くんとう)を受け、師の没後座頭(ざがしら)役者として大正・昭和期に活躍した。1918年(大正7)7世中車を名のる。『絵本太功記』と『馬盥(ばだらい)』の光秀役を得意として、日本一と称された。[古井戸秀夫]

8世

(1896―1971)本名喜慰斗(きのし)倭貞。2世市川段四郎(初世猿之助)の三男で、兄が初世市川猿翁(えんおう)、弟が2世市川小太夫。7世の名前養子となり、8世八百蔵から1953年(昭和28)中車を襲名。芸域の広い立役として活躍した。[古井戸秀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市川中車の関連情報