コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川団蔵(4代) いちかわ だんぞう

2件 の用語解説(市川団蔵(4代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川団蔵(4代) いちかわ-だんぞう

1745-1808 江戸時代中期-後期の歌舞伎役者。
延享2年生まれ。初代中村富十郎に入門。江戸へでて3代市川団蔵の弟子となり,師の没後に養子となって安永2年4代を襲名。武道事を中心に早変わりや宙返りを得意とし,江戸,上方で人気があった。文化5年10月9日死去。64歳。京都出身。初名は亀谷虎蔵。前名は市川友蔵,市川団三郎(3代)。俳名は市紅。屋号は三河屋

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

市川団蔵(4代)

没年:文化5.10.9(1808.11.26)
生年:延享2(1745)
江戸中期の歌舞伎役者。俳名の市紅,屋号の三河屋は初代以来受け継いでいる。京都出身。大坂の中芝居で修業したのち,宝暦13(1763)年には初代中村富十郎の門人となったが,明和5(1768)年江戸へ下り3代目団蔵に入門した。安永1(1772)年に師が没したのちに芸養子となり,翌2年に団蔵を襲名。以後,江戸で活躍したが,天明3(1783)年以降は,もっぱら上方や地方での興行に出勤,大坂での興行中に64歳で没した。宙返りや,何役もの早替わりを得意とする器用な役者として重宝がられた。代表的なものに「仮名手本忠臣蔵」の7役早替わりがある。その一代記『市河の流れ』(1809)が出版されている。<参考文献>伊原敏郎『近世日本演劇史』

(池山晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市川団蔵(4代)の関連キーワード歌舞伎役者市川団蔵(2代)小佐川常世(2代)仙国彦助(2代)中村七三郎(4代)中村助五郎(3代)中村東蔵(3代)宮崎十四郎(2代)宮崎十四郎(3代)森田勘弥(7代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone