コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝都復興院 テイトフッコウイン

2件 の用語解説(帝都復興院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ていとふっこう‐いん〔テイトフクコウヰン〕【帝都復興院】

関東大震災によって壊滅的な被害を受けた東京・横浜の都市復興事業を担うため、大正12年(1923)9月に設置された政府機関。総裁は後藤新平。省と同格の組織として発足し、大胆な復興計画を立案したが、財政上の制約から大幅な縮小を余儀なくされた。大正13年(1924)2月に廃止され、事業の執行は内務省の外局となった復興局に引き継がれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帝都復興院
ていとふっこういん

関東大震災後における帝都復興事業の、計画・立案・管掌のための機関。1923年(大正12)9月27日に内閣総理大臣直属の政府機関として設置され、初代総裁に後藤新平(しんぺい)、2代目に水野錬太郎(れんたろう)が就任。後藤は当初、権限の集中化を図り帝都復興省を構想していたが、反対が多く、各省と同格の復興院となった。復興計画は、帝都復興院参与会と同院評議会の審議を経たうえ、さらに帝都復興に関する最高政策決定機関である帝都復興審議会(1923年9月19日設立)に付すという複雑な手続を踏んだ。この過程で復興計画は規模・予算とも大幅に縮小され、同院も24年2月25日に廃止、残務は復興局さらに復興事務局に継承された。なお復興事業では、帝都である東京のほか横浜も対象とされた。[成田龍一]
『復興事務局編・刊『帝都復興事業誌』(1932)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帝都復興院の関連キーワード阪神・淡路大震災震災関連死震災震災記念日大震災被害地バイシャポンバリーナ東北・関東大震災台風21号の集中豪雨東日本大震災の鉄道被害

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帝都復興院の関連情報