コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯化(読み)たいか(英語表記)fasciation

翻訳|fasciation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帯化
たいか
fasciation

石化ともいう。植物の一部が異常に扁平化する一時的な奇形で,厚みのある扇状となることが多い。発生の過程で茎の生長が横方向に特に増加するために起る。順序の乱れた葉序や花が多数ついていることもある。ヤナギキクアブラナスギなどで発生しやすく,生け花などに利用される。昆虫などの寄生が刺激源となって生じることもある。ケイトウには帯化が固定化した品種がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たいか【帯化】

植物の奇形の一種で、茎が扁平化すること。石化ともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帯化
たいか

植物の奇形の一種で、扁平(へんぺい)で帯状の茎を形成する現象をいい、石化(せきか)ともよぶ。茎頂が上から見ると細長い形になるか、または、多数の芽が合着して成長することによっておこる。エニシダ、ジンチョウゲ、ヤマユリなど多くの種類にみられ、ケイトウではこの性質が遺伝的に安定している。[福田泰二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帯化の関連情報