干ししいたけ(読み)ほししいたけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

干ししいたけ
ほししいたけ

しいたけを乾燥させて保存性をもたせた食品。乾かすことにより固有の香りが生じる。水で戻して煮物,炒め物などの各種料理に利用される。プロビタミンDおよびうまみ成分5′-グアニル酸を含む。大分,宮崎,熊本など九州地方で生産が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

干ししいたけの関連情報