平内(町)(読み)ひらない

  • 平内

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青森県中央部、東津軽郡の町。陸奥(むつ)湾に突き出た夏泊半島(なつどまりはんとう)と南部の山地からなる。1955年(昭和30)小湊(こみなと)町と東平内、西平内の2村が合併して成立。第三セクター青い森鉄道(旧、JR東北本線)、国道4号が通じる。平内という地名はアイヌ語の「ピラナイ」(山と山の間に川がある土地の意)からきたといわれる。鎌倉~南北朝時代までは南部氏の支配下にあったが、1585年(天正13)以降津軽氏領となった。盛岡藩境の狩場沢(かりばさわ)には関所が置かれ、藩境塚(県の史跡)が残る。農林水産業が主体で、とくに陸奥湾内のホタテガイ養殖は生産量、金額とも県全体の4割以上を占める。県の水産増殖センターも設置されている。スキー板の生産も知られる。浅所海岸(あさどころかいがん)は「小湊のハクチョウおよびその渡来地」(特別天然記念物)、ツバキ自生北限地帯(天然記念物)の椿山(つばきやま)がある。面積217.09平方キロメートル、人口1万1142(2015)。

[横山 弘]

『『平内町史』(1977・平内町)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平内(町)の関連情報