コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平内[町] ひらない

百科事典マイペディアの解説

平内[町]【ひらない】

青森県中北部,東津軽郡の町。夏泊(なつどまり)半島が陸奥(むつ)湾に突出し,海岸沿いに青い森鉄道が通じる。ホタテの養殖が盛ん。稲作など農業も行う。ハクチョウ渡来地(特別天然記念物)の浅所海岸夏泊崎など風光にすぐれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひらない【平内[町]】

青森県北部,東津軽郡の町。人口1万5441(1995)。陸奥湾中央に突出した夏泊(なつどまり)半島の全域とその南部を占める。中央部を東北本線が東西に走り,青森市に通じている。中世には南部氏の支配下にあり,戦国期には津軽氏との争奪の地となったが,近世は黒石藩領で,東端の狩場沢と野辺地町馬門(まかど)の間には南部藩との藩境塚が置かれた。中心の小湊は夏泊半島東岸の要地で,奥州街道が通じ藩の代官所が置かれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報